ジャニーズJr.の22歳定年制の理由について徹底調査!現在のJr.最年長は誰??




1月20日にジャニーズJr.の22歳定年制

ついての記事が出されました!

SONY DSC

これ自体は以前から出ていましたが、

実際のところなぜそれを導入するのか?

そして現在のJr.最年長は誰なのかが

気になり、調査してみました!

スポンサードリンク

ジャニーズJr.とは??

ジャニーズJr.と聞けば、ジャニーズの方の

バックダンサーやバンドをやっているイケメン

集団、というイメージがありましたが、実際は

どうなのか?Wikipediaによると…

ジャニーズJr.(ジャニーズジュニア)は、

ジャニーズ事務所に所属するタレントのうち、

公式サイトで単独ページを持たない者やCDデビュー

していない者に対しての総称。

ということなので、ちゃんとした明確な定義が

存在していました(笑)

更にWikipediaによると…

主としてジャニーズ事務所に所属する他の先輩

デビューグループのバックダンサーを務める

元々事務所は公式にタレント募集を行っていなかったが、

毎月多数の履歴書が送られてきたため、オーディションが

不定期で開催されるようになった。合格すれば入所し、

ダンスなどのレッスンを始めることになるが、入所料や

レッスン料は取られていない。オーディション以外では、

直接スカウトや、番組のオーディションで入所する者もいる。

パフォーマンスをする機会も与えられ、個人、あるいは

ユニットごとにドラマ出演やデビューを目標に経験を積む。

しかしデビュー発表までは本人達もどうなるかわからない

状態である。

とうことですので、あながち認識はあっており

ましたが、驚きなのは入所料やレッスン料を

会社が負担なのが凄いですね!!

どうやら1970年代からシステムはスタートした

みたいなので、ジャニーズ事務所が1962年頃の

開始なので結構初期から取り入れたシステム

でもう半世紀近く経っているんですね♪

スポンサードリンク

ジャニーズJr.の現在の人数と最年長は??

その後に関西ジャニーズJr.も出来て、

ジャニーズJr.は1990~2000年代に最盛期を迎え、

当時は「東のタッキー、西のすばる」と呼ばれ

「Jr.黄金期」だったそうです♪

そんなジャニーズJr.ですが、現在は約200名

在籍する大所帯となっているそうです!!

凄いですね!!!

勿論、ジャニーズでデビューしている人々は

抜いた、ジュニーズJr.だけの人数です♪

そしてその中の現在の年長者がこの方!!

俳優業をメインで頑張る江田 剛さんです!

1987年10月24日生まれの2021年1月現在33歳

です♪

過去には40歳を超えている方もJr.として活動

しておりました♪

今回の制度で、彼らのようにJr.とはいえ、

他の若手とは違う道で芽を出しそうな人も退所

されてしまうのでしょうか?

それも残念な気がするので、制度を考えている

ところなのでしょうね☆

スポンサードリンク

22歳定年制の理由は??

そもそもこの制度を導入する理由は何なの

でしょうか?

私のなかでは2つ理由があると思います!

  1. 維持管理費がかさむ
  2. 他の若手との扱いに困る

まずは維持管理費ですが、前述の通り

入所料・レッスン料は無料ですが、寮での

食費も含まれるみたいです!

実際の費用は非公開ですが、一つの例で

宝塚の費用はというと…

一人当たり年間約120万円です!

内容やシステムの差異があったとしても

大体育ち盛りの一人の男を育てると、

それくらいは最低かかるでしょうね(笑)

単純に200人いれば年間2億4千万円が

経費になります…凄い維持費です…

でもそれでもジャニーズタレントとして稼ぎが

あるから成り立っているんですが…

次に、やはり若手と30、40歳代の

メンバーを同列にするのに違和感がある

ということが以前にメンバー内からも

意見が出たことに端を発するみたいです。

だからこそ、ダラダラせずに早いうちから

気合を入れてデビューするという目的を

ハッキリさせるための滝沢副社長の

戦略かもしれませんね♪

そう考えると、両方のことが理由で今回の

方針を決めたのかもしれませんね♪

スポンサードリンク

まとめ

ジャニーズ事務所の経営方針の変革の期の今、

ジャニーズJr.の22歳定年制は、23年からの

導入ですが、今の内にそれで夢破れたものが

他事務所への流出などの問題も孕みますので、

施行までにそこらへんを解決すれば、会社にも

タレントにも良い結果になることを見守り

ましょう♪

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする