大相撲・コロナ禍で休場申し出が引退勧告された力士を徹底調査!なぜ休場できない?




大相撲初場所はコロナ禍の中、コロナ感染で

休場する力士が多数出ていますが、

予定通り1月10日から開催されています♪

しかし、コロナ感染を恐れて休場申し出を

した結果、相撲協会から引退を迫られた

力士がいます。

そんな彼について調べてみました!

スポンサードリンク

引退勧告をされた力士は誰??番付は??

では実際にコロナ感染を理由に休場申し出を

した力士で、引退した方を探してみると…

今回の主役の方がこの方です♪

出典:佐渡ヶ獄部屋HP

琴貫鐵大将(ことかんてつ ひろまさ)さんです♪

現在は断髪式まで終えて、本名の柳原大将

戻っております。

番付は東序二段20枚目ということですが、

詳しくないので調べてみると、番付とは

相撲の順位で、それを決めるために相撲を

取っているのです。

そしてこの東序二段20枚目がどこかの前に

番付には6段階あるそうです!

幕内>十両>幕下>三段目>序二段>序の口

という形で、6段階の場があり下から2番目

ところで闘っている力士です♪

スポンサードリンク

琴貫鐵大将さんのプロフィール

四股名 : 琴貫鐵 大将(ことかんてつ ひろまさ)

本名  : 柳原 大将(やなぎはら ひろまさ)

生年月日: 1998年2月28日(2021年1月現在22歳)

身長体重: 175cm/111kg

血液型 : B型

所属  : 元佐渡ヶ獄部屋

引用:佐渡ヶ獄部屋HP

中学校卒業と共に入門して、初土俵は2013年

3月場所なので、もうすでに力士としては

8年目のキャリアを積んでいる力士でした。

スポンサードリンク

琴貫鐵大将さんが休業を申し出た理由とは??

コロナ感染の力士が報告され、第三波で全国の

感染者数もうなぎ上りの中、力士はアスリート

部類なので、体力には自信があるものだと勝手に

思っておりました。

しかし、その休業申し出の理由を元貴闘力の

鎌苅忠茂さんのYouTubeチャンネルで語って

います!

かなり熱く語ってますね…

そこで語られたように、入門3年後に

心臓手術を自腹で行っており、免疫力に

不安があったということです…

今回のコロナは健常者にはそこまで大ごと

ではないですが、基礎疾患がある方や

高齢者など免疫力が低下している人には

リスクですので、

琴貫鐵 大将さんの判断は

間違えていないと思います。

スポンサードリンク

なぜ休場は認められないのか??

日本相撲協会はなぜ休場の申し出を受け入れ

られなかったのでしょうか?

その理由は二つあると思われます!

  1. 一人を許すと続く者が増える可能性がある
  2. 感染リスクを観覧者に悟られたくない

この二つが大きいと考えられます。

このどちらも興行に大打撃を与えるもの

先ほどの動画でも言っていましたが、一番は

コロナ禍で経営難なのか、金銭面のことを

意識しての結果だと思われます。

また、根性でコロナを乗り切るという精神論も

あるのかもしれませんね。

勿論、経営上、利益を出していくことが

とても重要です。

ただ、一つ言えるのは、今の考えや体制を

変えないと、もっと大きな部分で相撲協会が

傾くリスクを孕む事案だと私は思いました。

今後の相撲協会の発表を見守ります。

スポンサードリンク

まとめ

心臓病の手術を乗り越えて闘う力士だった

琴貫鐵 大将さんですが、コロナを理由に

休場が認められず引退されました…

これは相撲協会の体制を揺るがす問題に発展

すると思いますので、今後の協会の対応に

要注目ですね!

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 宮倉 真紀 より:

    元琴貫鐵の記事を読ませていただきました。

    いろいろな取り上げ方のされる中

    こちらの最期のまとめに

    心臓病の手術を乗り越えて闘う力士だった
    琴貫鐵 大将を読んだ、とたん私は初めて泣き崩れました。心臓病だけじゃなく、
    本当に凄い仕打ちをされてきた8年間でした。
    精神面、肉体的にも闘って来た我が子を褒めてやりたいと思います。

    佐渡ヶ嶽部屋の弟子達を思わない体制、常識的な感覚のない親方、女将、ズレ
    協会とのコミュニケーションがとれてない
    (隠蔽気質)
    弟子達は『言っても部屋の体制は変わらないと諦めてるところ』そんな事などで
    少しでも良くなって欲しいと思う気持ちと最期の藁をもすがる気持ちでの問いかけに
    協会と佐渡ヶ嶽部屋の返答に打ちのめされた事など…。で。本人は正直にYouTubeチャンネルでお話したのだと思います。

    8年間の出来事は書きキレないほどの事が有りました‼️

    佐渡ヶ嶽部屋 親方は
    よそ様の子を預かる資格も、そして指導者、教育者としても失格

    小学生の社会から勉強し直して欲しい
    少しでも相撲協会と佐渡ヶ嶽部屋、
    似た部屋の体制がよい方に弟子ファーストで考えて行く体制になることを祈るばかりです。
    琴貫鐵 母

    • harry.anchang より:

      宮倉真紀様
      コメント頂きありがとうございました!
      まさかお母様からのご連絡に驚いております…
      ご本人やご家族が大変であることが、調べていて分かりましたので、
      少しでもそのことが世の中に伝わればと思い記事を書きました。
      今後の琴貫鐵さんの活動を応援させて頂きます!

  2. 宮倉 真紀 より:

    お返事ありがとうございます。
    突然のコメントにビックリされたと思います。(実際、私が驚いております)
    ツィッター他にコメントなんか
    した事なかったものですから誤字もあって
    申し訳なかったです。
    あなた様の最後のまとめに救われました。
    本当にありがとうございました。
    この返信コメントも今気付いた次第です。
    あまりやり方などわからず失礼してしまいました。
    辞めていった兄弟子、息子のような思いを、もう誰にもしてほしくないのです。
    今残ってる部屋の子達も正す勇気が有れば
    少し変わったのかもしれませんが…
    今回の事で佐渡ヶ嶽部屋に居る子達も多少は居心地も良くなればと。そして
    佐渡ヶ嶽部屋は弟子をとる資格は今後ないことも祈るばかりです。
    暖かいメッセージありがとうございました。

    • harry.anchang より:

      宮倉真紀様
      再度コメント頂きありがとうございます!
      私はなるべくニュースなどで埋もれてしまっている部分を発信出来たらと思って、
      ブログを運営しておりますので、今回の騒動で沢山のご苦労があったのだなと
      思い、記事にしました。私はこれくらいしか出来ませんので(苦笑)
      少しでもお力になれたのであれば、光栄です。
      今後、何かと大変かと思いますが、御身体に気を付けてお過ごし下さい!
      息子様へも宜しくお伝えください!!