世界的鍵盤奏者・向谷実さんの趣味を昇華する姿勢【情熱大陸】




10月7日放送の【情熱大陸】に出演される

向谷実さんをご存知でしょうか?

40代50代の音楽好きの方やジャズ・

フュージョン好きの方にはお馴染みの、

日本を代表するフュージョンバンド

【カシオペア】のオリジナルメンバーですね♪

その彼が長年開発に携わってきた、

鉄道シュミレーターを引っ提げて鉄道業界へ乗り込んだ

お話が今回の番組の見所です!

そんな向谷さんについて紹介したいと

思います♪

スポンサードリンク

プロフィール

名前  : 向谷 実

生年月日: 1956年10月20日(今年62歳)

出身地 : 東京都出身

職業  : キーボーティスト、音楽プロデューサー、実業家、タレント

所属  : 株式会社音楽館(代表取締役社長)

活動期間: 1979年~プロミュージシャンとしてデビュー

スポンサードリンク

経歴

なんといっても向谷実さんの根幹には音楽があります。

1977年から、まだアマチュアバンドだった

カシオペアに参加し、1979年プロデビュー

日本はその頃、フュージョンブームであり、

その中でも牽引するバンドとしての地位を

確立していきました。

今でもBGMなどでカシオペアの曲が使われたり

しているので、バンドを知らない方でも

『あ、この曲聴いたことある!』といものは

あるかもしれませんね♪

カシオペアの代表曲の一つ『ASAYAKE』

演奏者だけではなく、音楽プロデューサーとしての

活動もされており、現在も多忙な音楽活動を

展開されています!

その音楽生活だけではなく、幼少期からの

趣味である鉄道に関する会社、株式会社音楽館を

1985年から立ち上げています。

本当に好きなもので社会貢献しようという、

趣味を昇華させることを体現した方です!

スポンサードリンク

趣味を仕事に

鉄道好きが高じて会社まで立ち上げて、

地道な活動をされており、今ではJRの

運転手育成の実写シュミレーターを開発して、

各鉄道会社へ提供することを進めているようです。

因みに、鉄道好きを集めた色々な番組が

ありますが、その中でタモリ倶楽部での鉄道回には

チョクチョク出演されているので見たことある方は

多いと思います(笑)

更には、駅の音楽や社内音楽なども提供して、

本業の音楽も絡めた事業展開をしており、

実業家としても、とても凄腕ではないかと

思ってしまうのは私だけでしょうか?(笑)

とても参考になる仕事と趣味の関係性です☆

スポンサードリンク

電子工学系の知識は??

私の独断と偏見ではありますが、ミュージシャン、

とりわけキーボーティストは電気関係の知識が

ないと成り立たない仕事だと思ってます。

キーボードやシンセサイザーは電子機器ですので、

それを機能というだけでなく音楽的性質を

形成するために必要な電子機器の電気的性質も

知る必要があります。

そのため、専門工学を学んでいたなどで

なくても必要な部分は、電子工学系の基礎知識は

感覚で知っているのだと勝手に思っています(笑)

更にその中でも、好きな鉄道関係を知ろうと

すれば電気については避けて通れないので、

一般的な知識を超越した、専門家に近い部類の

知識を磨いたのだと私は感じました。

それを長年色々な事業に繋げるためにも

努力をしてきた結果が、現在の向谷実さんを

形成しているんだと思います。

こんなこともしてます☆

面白いですね(笑)

スポンサードリンク

まとめ

一流ミュージシャンである上に、そこに趣味要素を

事業まで拡大するには並大抵な努力ではないと

思います。

苦しんだのか、楽しんで到達したのかは

伺い知れませんが、色々な動画を見る限り、とても

楽しそうに進んでいられる向谷実さんの

今後の活動から目を離せませんね♪

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする