ナタリー・ドロンは元世界一の美女だけど壮絶な過去の持ち主!癌で死去までの経歴!




1月21日にナタリー・ドロンさんが癌で

亡くなれたという訃報が届きました…

心よりご冥福をお祈りすると共に、

元世界一の美女で過去を調べると壮絶な過去の

持ち主ということを紹介したいと思います

スポンサードリンク

ナタリー・ドロンさんのプロフィール

名前  : ナタリー・ドロン(Nathalie Delon)

本名  : フランシーヌ・カノヴァ

生没年 : 1941年8月1日 – 2021年1月21日(享年79歳)

出身地 : 旧仏領モロッコ・ウジダ出身

没地  : フランス パリ

身長  : 164cm

職業  : 女優、映画監督

引用:Wikipedia

上記の写真は晩年のものですが、分かりし

頃の映像がこちら♪

本当に美しいですね♪

次項ではそんな美しさの裏側の壮絶な

経歴を探っていきたいと思います♪

スポンサードリンク

ナタリー・ドロンさんの壮絶な過去と経歴!

ナタリーさんの過去を調べると、なかなかに

過酷な過去を持っておりました…

幼少期は母親の度重なる離婚だったみたいで、

10代後半からモデルとして活躍を始めます。

19歳で保険代理業者の男性ギー・バルテルミーと

始めて結婚をし、娘を一人出産するも、程なく別居し、

3年後に、最初の離婚。娘の親権は元夫が持ちます。

引用:Wikipedia

これまででも結構な人生ですが、更に続きます(笑)

1963年に『黒いチューリップ』を撮影中の

アラン・ドロンと出会い、恋に落ち1964年に再婚

アランとの間に息子のアントワーヌをもうけるが、

女優業継続を希望したナタリーに、アランが反対だった

ことにより1968年には別居。翌1969年に離婚

1982年には監督業にも進出。

1983年以降は女優業からは遠ざかっていたが、

2008年」で久々に女優復帰を果たす。

2021年に癌のためパリで死去。79歳没。

引用:Wikipedia

お母さんの離婚に始まり、自身も2回の

結婚と離婚、そして様々な不倫騒動や事件

を経験されています…

正に壮絶な人生ですが、それでも監督業と

女優という、自分の道を貫いた方だったの

だなと思います♪

スポンサードリンク

ナタリー・ドロンさんは世界一の美女だった!?

そんな中、過去には世界一の美女として

紹介されることがあったナタリーさん

ですが、実際は世界一の美女の一人

称されていたみたいですね♪

確かにそれも頷ける美しさですね♪

多くはっきりした瞳、端正な顔立ちに

モデル出身の抜群のスタイル…

間違いなく世界一の美女の部類に入り

ますね♪

スポンサードリンク

ナタリー・ドロンさんは何の癌だった??

とある取材のご家族がナタリーさんは進行の

速い癌を患っていたそうですが、どんな

癌だったのでしょうか?

癌の種類は大きく分けると3つあるみたいで、

以下になるそうです♪

  1. 造血器から発生するがん
  2. 上皮細胞から発生するがん(癌種)
  3. 非上皮性細胞から発生するがん(肉腫)

この中で進行が速い癌というと、色々ある

みたいですが、特徴としては早期発見が

難しく、発見できた時には手遅れになる

というもの。

そして自覚症状が低いものですと、

  • 胃がん
  • 肝臓がん
  • 肺がん

があるそうです。

ナタリーさんもこれのどれかだったのかも

しれませんね…

79歳と高齢期なので、どの癌もありうる

のかもしれませんが、肝臓は特に物言わぬ

臓器というだけあって、可能性は高い

ですね。

スポンサードリンク

まとめ

世界一の美女の一人としてその美しさで

注目された女優のナタリー・ドロンさんが

癌によって亡くなりました。

親の離婚と自身の離婚など過酷な過去を

お持ちでも、女優と監督を貫いてきた彼女は

歴史に名を遺したことでしょう♪

ご冥福をお祈りいたします。

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする