二重マスク、ウレタンマスクの効果は如何に!?ウィルス感染をどれだけ軽減するのか?




最近二重マスクが話題となっております。

そしてウレタンマスクの効果が無いとも…

実際はどうなのか?ウィルス感染にどれだけ

効果があるかを調査しました!

スポンサードリンク

ウレタンマスクはどんなマスク??

今回のコロナ騒動から人気が出てきた

スポンジ状の生地を使ったマスクです。

顔にしっかりとフィットする立体型で通気性も

良いこと、色の種類があることから

ファッション性の高い商品が多いので、

主に若者が好んで使っています♪

また、繰り返し洗って使えるという点も

好まれるポイントですね☆

しかし、スポンジ状の構造から、網目が荒く

ウイルス対策用マスクとしての効果はあまり

無いですが、隙間を作りにくいため、花粉や

埃のアレルギー、飛沫対策としての効果は

あります☆

スポンサードリンク

二重マスクはどれだけ軽減するのか?

今回話題の二重マスクは不織布マスクと

上記のウレタンマスクを重ねるという

もので、口に近いところを不織布マスク

その上からウレタンマスクを重ねるという

ものが多くバイデン大統領もやっています

中には布マスクと不織布マスクを重ねる例も

あります。

実際の効果はどうなのでしょうか?

研究者の間では、より予防の効果がある

との見方と、有効性について今のところ

見当たらないという意見が割れている

そうです…

ただ言えるのは、ファッション性が

上がるため着用されているのが一番の

理由のようです!!

スポンサードリンク

そもそものコロナに対するマスクの効果は??

マスクの効果について以前にも記事にして

おりますが、それぞれの大きさを比較すると…

不織布で5μm弱、布で5μm以上です!

因みに1μmは0.001mmで、1nmは

0.000001mmということなのですが、

上の図のように、ほぼウィルスに対して

マスクは無意味です。

効果があるのは唾などに含まれる

ウィルスが飛沫したらマスクで

止まります!

しかし、飛沫を抑えても唾などが

蒸発すればウィルスは外に出ていき

ます。

多少空気の流れで繊維に留まることは

ありますが、ウィルスが通るのを防ぐ

ことは出来ません

しかしそもそもの問題、今回の新型

コロナウィルスは空気感染や飛沫感染より

接触感染が主な原因なので、マスクによる

予防効果はかなり低いというのが、言われて

おり、口と鼻を覆うことで無意識に触る

ことを防止するという、意味でするという

のが認識としては正しいと思います。

スポンサードリンク

まとめ

二重マスクやウレタンマスクの効果が話題に

なっておりますが、ウィルスの出入りについて

そこまで大差がなく、効果は薄いですが、

そもそも接触感染の新型コロナに対しては、

マスクは口と鼻を触らないためのものと

認識しましょう♪

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

マスクの効果や眼鏡曇り対策の記事はコチラ♪

↓↓

【新型コロナウィルス】マスクでウィルスはどれだけ防げる?メガネが曇らない正しい装着について調査しました!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする