【ザ!鉄腕!DASH!!】東京湾で大量発生中の”海の悪魔”とは〇〇だった!その由来と生態とは!?




1月19日放送の日テレ系【ザ!鉄腕!DASH!!】に

東京湾で大量発生中の、通称”海の悪魔”…という

見出しがありました。

気になったので、今回はこの”海の悪魔”について

調査したいと思います!

スポンサードリンク

東京湾で大量発生中の”海の悪魔”とは?

今回番組表の案内に以下の内容があります。

砂地はなぜかカニだらけ!その理由は…通称”海の悪魔”が東京湾で

大量発生し、”悪魔”に喰われそうになったカニたちが浅瀬に逃げて

来たからだった!

この内容から推察するに気になる言葉は…

  1. 『海の悪魔』
  2. 『東京湾で大量発生』
  3. 『カニを喰う』

ですね。

まずは、海の悪魔と検索すると割と簡単に2拓に

なります(笑)

それに加えて、2019年に大量発生しカニを捕食

する生物で条件を加えると…

ここから推測される生物は間違いなくタコです!!

(頭足綱・鞘形亜綱・八腕形上目・タコ目に分類される動物の総称

実際にタコを釣っている方がいらっしゃったので、

参考動画に貼らせていただきます♪

↓↓↓

スポンサードリンク

なぜ”海の悪魔”なのか?

なぜタコが”海の悪魔”と言われているのかを

調べると、どうやら欧米を中心にタコはかつて

【Devil Fish】直訳で悪魔の魚と呼ばれていた

ことに起因するみたいです!

その理由は旧約聖書(『レビ記』第11章)の

以下の記述があるからとのことで…

1112

水の中にいるもので、ヒレやウロコのないものはすべて、あなたがたには忌むべきものである。

というものです。

旧約聖書を用いるのは、ユダヤ教・キリスト教・

イスラム教なので、そこからかつては広くその

事実が知れ渡ったと思われます。

更に、中世の北欧発祥のモンスター【クラーケン】は

巨大なイカやタコが描かれており、海の悪魔としての

地位を確固たるものにしたと考えらえます。

とはいえ現代では、【Devil Fish】と検索しても

タコがすぐには出てこないので、今ではそこまで

”海の悪魔”としては定着はされていないみたいです♪

スポンサードリンク

その儚い一生とは!?

タコは卵で増えますが、卵の大きさは種類によって

かなり異なります。

イイダコは、(飯蛸)と名前の由来にもなっている

米粒状の大きな卵を300~400粒産みますが、マダコは

長径2.5mm×短径0.8mmほどの小粒の卵を房状に産みます。

十数個の房を産むので、卵の総計は何と数万から十数万個

にもなります。珍味の塩漬けにした卵は、藤の花に見える

ことから「海藤花(かいとうげ)」と呼ばれています。

(左:房状の卵塊 右:卵を守る母タコ)

母ダコは産卵後、卵に新鮮な水を吹きかけたり

ブラッシングをしたりして、およそ4週間もの間、

飲まず食わずで卵を守ります。そしてふ化する

頃に、母ダコは衰弱してその一生が幕を閉じます。

マダコの寿命は雌雄ともに平均1~2年長くても

3年ほどいわれていて、案外短命です。

スポンサードリンク

まとめ

東京湾で大量発生中の”海の悪魔”はタコでした!

その由来は中世ヨーロッパから来ており、意外と

儚い一生を送るということでした♪

とはいえ日本人としては、タコは美味しく頂ける

ものなので、今年はタコが安く手に入るかもしれ

ませんね(笑)

最後までご覧頂き、ありがとうございます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする