日本伝統の錦鯉の品評会の発祥地と時代は?海外でも人気の理由は??【ザワつく!金曜日】




2月14日放送のテレビ朝日系【ザワつく!金曜日】で

錦鯉の品評会について取り上げられます!

錦鯉を愛でる文化は日本伝統ですが、その発祥や時代

などが気になり調べてみました!

スポンサードリンク

鯉を愛でた最古はいつ?!

泳ぐ宝石と呼ばれる錦鯉ですが、その起源は古く

元々は食用で飼育をしていたのは、縄文時代

言われており、貝塚から鯉の骨が出土している

そうです♪

そして最古の記録としては日本書紀に記載されて

おり、景行天皇(けいこうてんのう)が岐阜を訪問

した際に、鯉を池に放って観賞用にしたと記述がある

そうです♪

景行天皇

因みにこの景行天皇は、日本武尊(ヤマトタケル)の

父とされ、実在するかは不明ですが実在していれば

4世紀頃の方みたいですので、鯉を鑑賞する文化は

古代からあった伝統みたいですね☆

スポンサードリンク

品評会を始めた発祥地はどこで、いつから??

錦鯉は元々は変異柄なので、通常綺麗には出てこないため

昔は、面白い柄の鯉がいるな、というくらいで、中国でも

庭園の池に様々な色の鯉を放した4世紀頃の書物に記載が

あるみたいです♪

しかし、それを芸術まで高めたのは、江戸時代後期の日本で、

発祥地は新潟県小千谷市と旧山古志村(現・長岡市)の農民

であったと言われております!

上記だけでも一部なので、種類も多様で奥が深い世界ですね♪

因みに、普通の黒色の鯉は真鯉(マゴイ)、烏鯉(カラスゴイ)

または黒鯉(クロゴイ)、特に野生の鯉は野鯉と呼ばれる

みたいです♪

スポンサードリンク

海外でも人気の理由は??特に〇〇で熱い!!

海外でも錦鯉は大人気…というか今は国内よりも

海外がメインの市場です。

海外への出荷が9割超ということで、日本伝統は

現在は海外で生きている感じですね。

伝統芸術は国内で衰退するものの海外で花開く

いうのは良くありますが、錦鯉は典型みたいです♪

最近では東南アジアへの進出が伸びており、特に

ミャンマーへのビジネス進出は始まったばかりで

今後注目のようです♪

スポンサードリンク

まとめ

錦鯉の品評会は国内では年間30~40回ほど全国で

行われているようですが、その多くは国内では高級店や

ホテルに行くようですが、多くは海外へ行っており、

一大ビジネスへ発展した芸術といえます♪

食用として日本人と深く関わってきた鯉を、数百年で

芸術の域まで育てましたが、現在は国内ではメジャーで

無くなってしまっているので、今後は見直されて再評価

されていくことでしょう♪

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする