犬の殺処分全国ワースト1位の香川県の理由は?犬の殺処分を無くすには??【坂上どうぶつ王国】




2月14日放送のフジテレビ系【坂上どうぶつ王国】の

番組予告にて以下のような内容がありました。

犬の殺処分全国ワースト1位の香川県で、

不登校の少女がつづる動物の命の大切さを

訴える1冊の絵本をめぐる物語をお届けする

この中で、犬の殺処分が香川県で多いと知り、

その数や理由が気になり調べてみました!

スポンサードリンク

犬の殺処分数ランキングとその数や推移について

犬の殺処分数などを環境省が統計を取っており公開されて

います。

それによると、平成30年度で犬の殺処分数は7,687頭です。

平成28年度までが1万頭超でしたが、記録が公開されている

昭和49年度以降年々減ってはいます

そして、平成28年の犬の殺処分ランキングは以下になります。

香川県がダントツですね(笑)

2位と倍以上ですので、現在も一番なのは納得できます。

そして特筆すべきは、ワースト5に四国の内3件が

ランクインしていることです…

スポンサードリンク

香川県がワースト一位の理由

なぜ香川県がワースト一位なのかを考察すると、県からは

温暖な気候のため野良犬が繁殖しやすいと言っているそうで

確かにそれはあります。

飼い主不明の犬が多いという事は事実みたいですし、前項で

出したランキングを見ても下位の県は割と温暖な地域

多いのも事実です。

しかしこの図を見て頂きたいと思います。

これは前年度(平成27年度)からの殺処分数を減らした

ベスト10です。

香川県はベスト6位に入っていますが、絶対数が多いので

単純に行政や愛護団体の活動努力が足りないのは明白です。

山が多いとはいえ、面積が小さいのでそれは努力で変わる

ことでしょう♪

スポンサードリンク

犬の殺処分を減らす根本とは何か?

そもそも犬の殺処分が増えたのは、昔は日本も野良犬

だらけで、更には狂犬病が蔓延したため、野良犬の

駆除がされてたという経緯があります。

その後、バブル時代にはペットブームなどでペット

ショップがこぞって犬を完全に商品としか見なく

なったこと、更に命に対する人々の意識低下がこの

問題の根本にはあると思われます。

ペットショップに対しては欧米の様に子犬をショップで

売らない様にするか、子犬販売に対する法規制を設け、

売れ残ったからといって殺処分されることに歯止めを

かけることが必要ですね!

対して購入者側には、ちゃんと幼い頃から殺処分の現実や

命を扱う事の尊さや楽しさだけでなく、辛い事もあるという

教育を行うことがとても大事だと思います。

そのため今回の番組で取り上げる取り組みは、とても

良い事であると思いますので、是非チェックしてみ下さい!

スポンサードリンク

まとめ

犬を含むペットの命は、むやみに奪われていいものでは

ありません

そしてむやみやたら増やして物として扱うことも言語道断

です。

そうならない社会に変わっていくことと、ペット

ショップの存在が変化し、消費者の意識も変化する

ことを心から願っております。

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする