国宝・興福寺の五重塔が120年振りの修理!歴史的工事は一般公開されるのか?




2月20日に発表された国宝・興福寺の五重塔の

修理工事ですが、120年振りという歴史的な

作業です♪

そんな興福寺について調査しました♪

スポンサードリンク

興福寺はいつ頃に建てられた?

興福寺は国宝に指定されていますが、どんな建物

なんでしょうか?

興福寺(こうふくじ)は、奈良県奈良市登大路町(のぼりおおじちょう)に

ある、南都六宗の一つ、法相宗大本山である日本の仏教寺院。

南都七大寺の一つに数えられる。寺院本尊は中金堂の釈迦如来であり、

南円堂(本尊・不空羂索観世音菩薩〈不空羂索観音〉)は

西国三十三所第9番札所となっている

引用 : Wikipedia

建てられたのは669年とされていて、

建てた人は大工さん…ですが(笑)、

開基したのは藤原不比等(ふじわらの ふひと)

という方です。

かの有名な大化の改新で活躍された中臣鎌足の

息子さんで、藤原家の始祖の一人ですね♪

因みに、度々火災で焼失している興福寺ですが、

五重塔は室町時代中期の1426年に再建されており、

1952年(昭和27年)3月29日、国宝に指定されて

います☆

興福寺五重塔は。高さ50.1メートルで、現存する日本の

木造塔としては、東寺五重塔に次いで高いそうです♪

本当に凄い建物ですね☆

スポンサードリンク

一般公開はされる?されるならいつ?

現在改修工事中の薬師寺東塔は34mですが、解体など

大がかりな工事のため2011年から開始しして、2020年の

今年中に完了するという9年がかりの工事でした。

50mを超す今回の五重塔は何年かかるのでしょうか…

10年くらいかかりそうですね。

さて、この薬師寺東塔は2月27日~5月6日に一般公開される

そうです♪

ということは五重塔も完成間際には一般公開されるのは??

と期待してしまいますね♪

今のところは一般公開については未定です。

完成間際とすると、10年後の2030年頃になってしまうのかも

しれませんので、しっかり生きていいないといけませんね(笑)

スポンサードリンク

まとめ

国宝・興福寺五重塔が改修工事を始めます。

669年から続く古都の象徴の歴史的工事が見られる

ことはもうないので、是非工事中などの一般公開が

あるのかなど、チェックしていきたいですね♪

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする