【YOUは何しに日本へ?】奇祭・蘇民祭はどんな祭り??全裸でやる祭りだった!?




2月24日放送のテレビ東京系【YOUは何しに日本へ?】に

日本三大奇祭(裸祭り)の『蘇民祭』が紹介されます!

そもそもそんな祭りがあることすら知らなかったので、

調べてみました♪

スポンサードリンク

祭の由来

この黒岩寺(こくせきじ)に伝わる『蘇民祭』ですが、

岩手県奥州市の『黒岩寺蘇民祭』が源流としているみたい

ですが、この『蘇民祭』自体は岩手県内の神社や寺院で

各々行われているみたいなので、複数開催です♪

今回は『黒岩寺蘇民祭』をメインに調査します!

Wikipediaによると以下の様に書かれています…

『備後国風土記』の逸文によると「北海より南方に旅をしていた

武塔神が人間に化身し、貧しい蘇民将来(そみんしょうらい)と

裕福な巨丹(こたん)という2人の兄弟に一夜の宿を求めたところ

巨丹はこれを拒み、蘇民将来は快く旅人を泊め粟飯で貧しいながらも

精一杯もてなした。

~(中略)~

この逸話を基に平安時代中期には蘇民祭の原形が出来上がっていた

のではないかと考えられている。

武塔神の正体も地域により様々で、黒石寺においては薬師如来で

あったとされる。

要約すると、今は残っていない広島県あたりの風土紀の話で、

北方から人間の姿で旅行していた神様が、とある兄弟の家に

宿を申し出ます。金持ちの兄は断り、貧しい弟は快諾して

もてなしたそうです。数年後、家庭を持った貧しい弟に再度

神様が現れて、茅の茎で作った輪を身に付け

『我は蘇民将来の子孫である』と唱えれば無病息災が約束

されるというものです。

この弟の名が蘇民将来(そみんしょうらい)ということから

『蘇民祭』となったそうです♪

発祥は平安中期頃とされていて、800~900年頃で

ないかとされているので、約1200年位の伝統です☆

実際に参加された方がYouTuberでいらっしゃいました♪

真冬の東北なんでマイナス12度とからしいですが、

夜通しやるみたいですね(笑)

最後は割とあっけない最後で、この動画の『蘇民袋』を

奪い合うシーンは割と静かでした(笑)

今回の番組でどんな感じか再度確認したいですね♪

スポンサードリンク

本来は全裸で行っていた!?

実はこの祭り、『黒岩寺蘇民祭』含め全ての祭りが

全裸で行われていました!

しかし、観光客の増加によってストリーキング目的の

参加者が増えたため、泣く泣く2007年より下帯の着用が

義務付けられて、全裸祭りの伝統が途絶えました。

しかし、今でも蘇民袋を開ける親方は全裸で行っていて

細々と伝統は守っているそうです♪

そういう問題が出ると警察しても、祭りと言えど逮捕の

対象になりうると警告を出しましたが、当時の文科省大臣も

『伝統文化に警察が判断をするのはどうかと思う』と言って

ひと悶着あったそうです…

また、上記のポスターで胸毛をあらわにしたものを

駅などで貼った際に、『女性が不快に思う』などの

意見があり、こちらもでマスコミなどが煽り揉めた

過去があるそうです。

しかし、日本文化というものは多種多様で面白いものが

残っているので、こういった珍しい祭事は日本の

特色として残って欲しいものです♪

参加はしたくないですが(笑)

スポンサードリンク

まとめ

日本三大奇祭、ないし日本三大裸祭りの『黒岩寺蘇民祭』

紆余曲折を経て、全裸という文化は変わりましたが、

1000年以上続く伝統行事として、海外からもに人気が

ある文化です。

今後も続いていくことを見守りたいですね☆

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする