【この差って何ですか?】ミネラルウォーターは4種類ある??意外と知らない水の事実!




2月25日放送のTBS系【この差って何ですか?】で

ミネラルウォーターについて取り上げられます!

摂取の仕方を取り上げる今回の番組予告を見ていて、

ミネラルウォーターの水はどこから来るのかと

気になり、調べてみました!

スポンサードリンク

ミネラルウォーターの種類は4種類?!

ミネラルウォーターのラベルを見てみると銘柄に

よって品名が異なるのをご存知ですか??

これは『ナチュラルミネラルウォーター』ですね♪

その他に以下のものがあります!

  • 『ナチュラルウォーター
  • 『ミネラルウォーター』
  • 『ボトルドウォーター』

大体この4種類になるそうです!

内容は以下です♪

『ナチュラルウォーター』は、化学的処理をせず、

地下水を詰めたもの

『ナチュラルミネラルウォーター』は、『ナチュラル

ウォーター』の内、地中のミネラル(亜鉛・カリウム・

カルシウム・クロム・セレン・鉄・銅・ナトリウム・

マグネシウム・マンガン・モリブデン・ヨウ素・

リンなど)を含むもの。

『ミネラルウォーター』は、『ナチュラルミネラル

ウォーター』に更にミネラルを人為的に加えたもの

『ボトルドウォーター』は、地下水以外の水を殺菌

処理したもの。

とされています♪知っていましたか??

スポンサードリンク

意外と知らない水の知識

前述の様にミネラルウォーターには4種類ありますが、

ミネラルを含むものや含まないものとありますが、食事で

摂取できるようなミネラル分の量はありませんので、

ご注意下さい!

そしてもう一つ、水で知っておくべきは軟水と硬水です♪

日本は軟水、欧米は硬水とよく言われますが、何が違う

のでしょうか?

それはズバリ!『カルシウム』と『マグネシウム』量

違いです!その指標を硬度といい、飲みやすさの基準

なるみたいです♪

日本の基準では、1ℓあたり100mg以下であれば、

軟水で、101~300mg中硬水301mg~1000mg

硬水1001mg以上超硬水とされています!

国によって若干の違いはあるみたいですが、大体これ

位の数値と思っておけばいいみたいです☆

因みに計算方式は

「カルシウム(mg/L) × 2.5 + マグネシウム(mg/L) × 4.1」

らしいです…よくわかりませんが(笑)

この硬度=飲みやすさは『マグネシウム』などの量

よって味が変わるみたいで、軟水に慣れている日本人は

特に飲みにくいと感じて、硬度が高いものでお腹を下す

人もいるみたいなので、ミネラル分を含むからと硬水を

安易に選ばない様に注意しましょう!

スポンサードリンク

まとめ

一般的に日本のどこでも売られているミネラルウォーターが

4種類あるということや水についての知識を紹介しました!

水の豊富な日本だからこそ、忘れがちですが今一度水を

見直し、健康に役立てたいですね♪

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする