新型コロナウィルスの拡大対策の政府要請の在宅勤務にも限界が?!今後の勤務体系についての考察




現在全世界で猛威を振るっている新型コロナウィルス。

日本も例外ではなく、2月26日11時の発表で感染者数

136名、死亡者数7名となっております。

そんな中、政府が企業に対して出社をしないで

在宅勤務(テレワーク)を導入を要請し、重症者を

減らし、且つ、社会への影響を最小限にする取り組みを

試験的に開始しているものの、限界があるということが

分かってきている。

スポンサードリンク

今後の社会形態を占う取り組み

そもそもインターネットが普及する以前は、仕事は

顔を見合わせてやるもので、全てが手作業であった

ので、当然、仕事をする=会社へ行くという図式が

当たり前でした。

しかし、インターネットが普及している現代では、

必ずしも職種によっては出社しなくても、在宅で

仕事が出来ることが増えて来ました。

実際、世界各国では在宅勤務が進んできている。

ただ、日本ではまだまだ、会社へ行くこと

一つの固定概念となっており、悪天候や個人の

体調不良に関係なく出社することが常識化しており、

海外の常識からは逸脱したものである。

今回の政府の在宅勤務の呼びかけは、新型ウィルス

といくことがキッカケでしたが、今後の社会構造の

変革の一歩ではないかと個人的に捉えています。

スポンサードリンク

在宅勤務の問題は何か?

個人的には在宅勤務になぜ取り組まなかったのかが

不思議ではあるが、問題点を拙いながら考察して

みました。

  • 仕事の見える化が不十分
  • 勤務時間が分かりづらい
  • セキュリティ問題

以上の3点が大きな部分かと思います。

日本の多くの企業は、会社組織の体系化は表などで

しっかりできていることが多いですが、個々の

仕事の見える化はまだ発展途上の様に思います。

そのためバックアップ体制が不十分で一人の

欠員が組織全体へ影響するという会社が多いのでは

ないだろうか?

スポンサードリンク

次に、在宅勤務にするとどこからどこまでが勤務

時間なのかが分かりづらく、出勤時間の換算が

しにくいというものです。給料を多く貰いたい人は

仕事していないけど、しているように見せかけた

報告をするかもしれないので、管理が難しいという

問題でしょう。

しかし、これも前項目を解決していれば、仕事内容が

明確化されていて、それに対する報告の開始と終了を

計算すれば分かるかと思います。

最後にセキュリティ問題ですが、これは家で

どこまで会社の機密情報を取り扱うかという、

とても重要な問題です。

そのためには、PCは会社から貸与して厳重な

セキュリティ管理をしているものに限り、

尚且つ、Wi-Fi機器も独自セキュリティを導入した

安全性の高いモノを貸与するなどの措置が考え

られます。

しかし、それでも周りに監視の目がないため、

悪用された場合には、会社としての損失が大きく

貸与ということは管理・維持費が相当数必要である

という問題もあります。

スポンサードリンク

まとめ

今回、在宅勤務を導入したのは大手IT企業が多い

ですが、上記の様な問題に当たっているみたいです。

しかし、今こそが仕事に対する日本人の固定概念の

変革の時であると思うので、新型コロナウィルスが

キッカケではありますが、先行している企業の動向

にも注目したいですね!

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする