【新型コロナウィルス】3月15日よりマスク転売禁止がスタート!マスク不足収束か!?




3月15日より異例の政府の措置で、マスク転売が禁止

となります。

どこの地域でもマスクが品薄で、マスクが行き渡らない

問題が発生しており、そこにはインターネットなどで

転売目的の大量買い占めが一つの原因となりました。

そこに異例ともいえる政府の対応が今日から始まります。

これで、マスク問題が収束に向かうのではと期待を

込め、調べてみました!

スポンサードリンク

そもそも転売とは何か??

昨今、インターネットを通じての転売をビジネスにする

方が増えております。

それはさながら、卸業者のそれと同じで、物を安価で

仕入れて、それに利益を載せて売る、というものです。

例えば、スーパーに並ぶペットボトル飲料とコンビニに

並ぶ同じ商品でも金額が違いますね。

これは店頭に並ぶまでに通る仲介業者の数や、店舗による

利益の載せ方に違いがあります。

インターネット転売をする方は、安くて手に入れられる

スーパーなどで買って、コンビニ価格で売って利益を

得る、というのが大体の構造です。

そして今回の様に、需要と供給バランスが崩れる場合

価格高騰が目に見えており、それを見越して大量購入し

在庫を確保し、少し高くても手に入れたいという、

消費者の購買意識を逆手に取った転売が横行したため、

店舗のマスク不足の原因の一つとなりました。

スポンサードリンク

マスク不足は収束するのか?

転売は主に、インターネットの通販サイトやフリー

マーケットサイトなどで行われております

そして今回の政府の動きに追随して、業界各社も

相次いで、仕入れ価格を超えた他人への転売を

自主規制に乗り出しております

政府の措置としては、違反をした場合は、

1年以下の懲役か100万円以下の罰金、または

その両方を科すとしており、割と事態を重く

受けての措置と言えます。

これにより、マスク不足は徐々に収束を迎えると

思われますが、一部では反発が少し起こる可能性も

ありますね…

とはいえ、転売ビジネスとはいえ、ビジネスの

根本は社会を回すためのものなので、今の様な

パンデミックな状況で、その混乱を助長する事は

いけないことですね。

必要なところへ必要な物が行き渡ることを願って

おります☆

スポンサードリンク

まとめ

新型コロナウィルス自体の収束は、もう少し先に

なりそうですが、拡散の抑止のための重要な役割の

マスク問題は、3月15日からのマスク転売禁止令に

より先に収束してくれると思います♪

しかし、マスクはあくまでも飛散防止であって、

ウィルスを完全シャットアウトするわけではない

ので、その他の対策も行い乗り切って行きましょう!

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする