【開運!なんでも鑑定団】白血病に倒れた天才陶芸家は誰?!穴窯や灰釉とは??




3月17日放送のテレビ東京系【開運!なんでも鑑定団】の

番組内容に以下の様なサブタイトルがありました。

白血病に倒れた“天才陶芸家”の美しすぎる作品

更には20世紀陶芸界の鬼才とも紹介されており、

凄すぎるキャッチコピーの数々に誰のことか

気になり、調べてみました!

スポンサードリンク

白血病に倒れた“天才陶芸家”とは誰なのか??

今回の番組内容欄に書かれたキーワードを拾って

みると、以下の内容がピックアップされます♪

  1. 白血病に倒れた“天才陶芸家”
  2. 20世紀陶芸界の鬼才
  3. 穴窯で灰釉に挑む
  4. 栃木で作った作品

この四つをヒントに調べてみると、とある人物に

辿り着きました!

その人物とは…

加守田 章二さんです!

陶芸家という肩書が似合いすぎる風貌ですね(笑)

スポンサードリンク

プロフィール・略歴

名前  : 加守田 章二(かもだ しょうじ)

年表  : 1933年4月16日 ~ 1983年2月26日(享年49歳)

出身  : 大阪府岸和田市

職業  : 陶芸家

略歴  : 1956年、京都市立美術大学(現・京都市立芸術大学)工芸科卒業。

1959年から栃木県益子町で、1968年から岩手県遠野市で作陶を行った。

1961年に日本伝統工芸展に初入選。1966年に日本陶磁協会賞、

1967年に高村光太郎賞、1974年に芸術選奨文部大臣賞を受賞。

1979年に東京都東久留米市に移る。1980年より体調を崩し、

1981年から入院療養したが、1983年に白血病のため死去した

引用:Wikipedia

次ページ: 穴窯と灰釉って知ってますか??

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする