【開運!なんでも鑑定団】白血病に倒れた天才陶芸家は誰?!穴窯や灰釉とは??




穴窯と灰釉とは何か??

天才陶芸家としての作品群はとても洗練されており

今なお陶芸界にインパクトを残している加守田さんの

作品の一部がこちらです☆

陶芸に詳しくない私でも、この作品が凄い

ということは感じ取れるくらいです☆

番組の内容紹介の時に気になるキーワード、

穴窯(あなかま)で灰釉(かいゆう)に挑む

というのが何のか調べみると、まずは穴窯(窖窯)は、

斜面を利用した地下式ないし半地下式の窯のことです。

そして次に灰釉(かいゆう)ですが、これは

灰釉陶器(かいゆうとうき)のことで、平安時代に

生産された植物灰を使った陶器のことです

因みにこの窯などで陶器を作るのは古墳時代から

スタートしているので、奥が深い世界であること

間違いなし♪

スポンサードリンク

まとめ

今回番組で紹介される天才陶芸家とは、現代陶芸界にも

影響を与え続けている、加守田章二さんでした♪

これを機に陶芸の世界に興味が湧いてきました☆

是非番組でもその作品をチェックしてみましょう☆

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする