【家、ついて行ってイイですか?】長崎・九十九島とはどんなところ??何祭り??




3月18日放送のテレビ東京系【家、ついて行って

イイですか?】に長崎県の九十九島の祭りが

ピックアップされます♪

そもそもどんなところかを知らなかったので、

調べみました!

スポンサードリンク

長崎県・九十九島はどこにある??

九十九島(くじゅうくしま)の位置について調べると、

長崎県の佐世保市、平戸市にかけての北松浦半島西岸に

連なるリアス式海岸の群島である。

尚、全域が西海国立公園に指定されている

引用:Wikipedia

とのことで、位置を以下の地図で見てみましょう☆


このあたりとのことです☆

因みに、九十九島と言われておりますが、島の総数

現在公式には208とされていて、殆どは無人島や岩礁で、

人が住む有人島は黒島、高島、それに本土から橋で行き来できる

前島と鼕泊(とうどまり)島の4つとのことろです♪

スポンサードリンク

九十九島の歴史や魅力とは??

九十九島の名づけ親は、平戸藩主・松浦静山で、秋田県の

象潟九十九島(くじゅうくしま)に倣い名づけたとされて

おります!

また、測量に訪れた伊能忠敬は、

『七十に 近き春にぞ あひの浦(相神浦〈相浦〉)

九十九島を いきの松原』と狂歌を残しているそうです☆

そして何といっても魅力は、自然が豊富で海に散らばる

ことで織りなされる絶景です♪

更に、自然を満喫できる遊覧船やマリンスポーツ

魅力の一つです♪

是非、長崎へ行った際は、やってみたいものですね☆

スポンサードリンク
 

九十九島の祭りは何祭り?

今回番組で紹介される九十九島の祭りについて

調べてみると、どうやら『牡蠣祭』のこと

みたいです☆

九十九島は天然・養殖の両方で牡蠣の生産地で、

カキのシーズンが始まる11月九十九島

かき食うカキ祭り・秋の陣」2月「九十九島

かき食うカキ祭り・冬の陣」を開催されます!

その様子を挙げているYouTuberさんもいます。

これは是非、祭りで食べてみたいですね☆

スポンサードリンク

まとめ

今回は長崎県・九十九島について紹介しました♪

長崎へ行った際は、その豊かな自然マリンスポーツ

そして牡蠣祭と、満喫してみたいものですね☆

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする