【新型コロナウィルス】世界で休校措置拡大で8億人以上が学校通えず!日本ではいつまで休校?




世界で猛威を振るっている【新型コロナウィルス】

ですが、3月18日にUNESCO(国連教育科学文化

機関)は、世界の児童・生徒・学生の半数近くに

当たる8.5億人以上が学校に通えなくなっていると

発表しました。

スポンサードリンク

なぜ休校措置が必要なのか??

イベントの自粛や外出を控える様にと各国が措置を

行い、感染拡大を防ごうと必死になっております。

今や中国に次ぐ死者数を出すイタリアでは、観光

都市が閑散としているそうです…

人との接触が増えることで感染リスクがあがる

今回の新型コロナウィルスは、限定された空間に

生徒が集まる学校という空間を閉鎖して感染

拡大防止を狙ったものです。

しかし、若年層の感染があまり見られない今回の

ケースで、イギリスの様に独自路線で対策を

行う国は学級封鎖をしておりません

新型なだけに今回の対応の差が出るのはもう少し

先なので、今後の動向に注目です。

スポンサードリンク

日本はいつまで休校すべきか?

現在早めの春休みを実施して対応している日本は、

一応、春休みまでを休校のリミットとしている

ところが多いようです。

その中でも、自治体が感染者がいなくて、問題が

なさそうと判断した地域で、再開をしている学校も

あるそうです☆彡

沖縄県は全部、千葉県・山梨県・兵庫県・岡山県・

島根県・鹿児島県などの一部で再開しています。

若年層への感染が薄いのであれば、そういう

措置も良いかとは思います。

ただ問題は、教員や運営業者の大人への感染対策

ある。

どちらにしても、経過観察を怠らず、問題発生を

見越した対応措置を準備しておくことが大事で

あると思います。

通常営業に戻れることを切に願っております。

スポンサードリンク

まとめ

今後の動向に注目の新型コロナウィルス情報です。

あまり騒ぐことなく、冷静な目で今後を見据えて

行動したいものですね☆

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする