戦後初の無観客試合の春場所で優勝は白鵬?!3月22日千秋楽の結果は??




新型コロナウィルスの影響で、無後初となる

無観客試合を行っている大相撲春場所が、

3月22日に千秋楽を迎えます!

無観客試合という珍しい状態の今回ですが、

千秋楽まで優勝争いがもつれていて、

本日決着が付くので予想をしてみました!

スポンサードリンク
優勝争いはこの二人!

現在12勝2敗でこの二人が並んでます!

横綱・白鵬

横綱・鶴竜

両横綱が優勝争いをしており、本日22日に

直接対決を迎える注目の対戦です!

因みに直接対決では、過去に49戦しており、

白鵬関が41勝、鶴竜関が8勝と白鵬が大きく

勝ち越しておりますが、直近では昨年の

五月場所に激突した際は鶴竜関が勝利して

おります!

追記

優勝は白鵬関で44回目の優勝です!

おめでとうございます!!

スポンサードリンク
過去に行われた無観客試合は??

過去に大相撲で行われた無観客試合は、1945年の

6月場所で、戦時中のアメリカの空襲が激しい時期

で、東京大空襲直後で非常時の本場所開催への批判を

避けたため非公開にしての開催をしたようです。

今回の様に感染症による無観客試合は初めてでしょう。

スポンサードリンク
まとめ

今回、長い大相撲の歴史の中で初めての感染症に

よる無観客試合に臨みました。

その中でも両横綱の奮闘で、千秋楽での優勝を

掛けた直接対決となりました!

無観客という、力士にとっても残念な状況では

ありますが、それでも歴史に残る状況での優勝は

価値があるかもしれませんね♪

新元号の「令和」と書かれた垂れ幕を挟み写真撮影に応じる横綱白鵬関(右)と横綱鶴竜関=1日午後、奈良県五條市

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする