【その他の人に会ってみた】実は世界遺産登録の奇祭・カセ鳥の由来は?日本のハロウィン??




3月25日放送のTBS系【その他の人に会ってみた】で

奇祭・カセ鳥が紹介されます!

私は日本人ですが、カセ鳥について全く知らない

ため、気になり調べてみました♪

スポンサードリンク

『カセ鳥』とはどんな祭りなのか??由来は??

とりあえず、何も考えずにこちらの映像をご覧下さい(笑)

これが『カセ鳥』です!

どんな祭りかというと、

商売繁盛や火伏せを祈願するための行事

みたいです!

山形県上山市毎年2月11日に開催される旧暦小正月の祭事で、

名称は「稼ぎ鳥(かせぎとり)」または「火勢鳥(かせとり)」

に由来しているそうです♪

祭の詳細は以下になります…

数人の若者たちが「ケンダイ」とよばれる藁蓑を身にまとい、

唐笠小僧にも似た妖怪「カセ鳥」に扮し、上山城前の焚き火を囲み

「カッカッカーのカッカッカー」と歌いながら踊り回る。

町の住民たちは踊っているカセ鳥たち目掛け、冷水を勢いよく浴びせる。

真冬の北国で冷水を浴び、ときにはその水が凍りつくこともあるという

過酷な状態の中、カセ鳥はなおも踊り続け、町へ降りてさらに踊り続け、

踊り終えたカセ鳥たちは、住民たちから酒や祝儀を振舞われる。

頭に手拭をくくりつけられることもあるが、これは商売繁盛の

呪い(まじない)とされる。

また水をかけられるのは、水商売の繁盛を祈る意味もあるといわれる。

上山地方では寛永年間(1624~1645年)からこの祭りが行われており、

1896年(明治29年)以降は途絶えていたものの、上山市でこの行事を

復活させようと活動が始まり、1959年(昭和34年)に再現され、

1986年(昭和61年)にはカセ鳥保存会が結成され、後に至っている。

また、かつては上山市だけではなく、日本全国で小正月に蓑を

かぶった者が人家を訪ね、このように「カッカッカ」と鳴いて

祝儀をもらうという風習があった。

引用:Wikipedia

とにかく、インパクト大ですね(笑)

因みに歌詞は以下です♪

カッカッカーのカッカッカー

カッカッカーのカッカッカー

望(もち)の年の祝いは

カセ鳥、カセ鳥、お祝いだ

カッカッカーのカッカッカー

カッカッカーのカッカッカー

五穀豊穣、火の用心

五穀豊穣、火の用心

カッカッカーのカッカッカー

カッカッカーのカッカッカー

カセ鳥、カセ鳥、お祝いだ

商売繁盛、万作だ

商売繁盛、万作だ

引用 : Wikipedia

スポンサードリンク

なぜ藁をかぶるのか?なぜ鳥なのか?

ケンダイと呼ばれる藁をかぶって人が踊り歩く祭り

ですが、その姿をカセ鳥と呼ぶみたいですが、その

名前の由来は何なのでしょうか?

鳥とついておりますが、どう見ても藁納豆です(笑)

どうやらこの姿は、神の使いを表している

みたいです!

最初は藁を着た人々が各家庭を回り、願いを

聞いてあげる対価に酒や食べ物を貰う、という

祭りだったみていで、江戸時代のお殿様へも

数名で『御前カセ』なるものを披露していた

そうです。

それがいつしか、歌い踊り練り歩くようになった

と思われます♪

カセ鳥の語源の火勢鳥は、江戸時代に頻発する

大火のことを「まるで火喰い鳥が街を燃やすために

勢い良く舞い降りてきた」と称したことから来て

おり、それに水をかけることで火の用心として

捉えられるようになったと考えられます♪

何にしても、雪で閉ざされる国での楽しみは

少ないため、この祭りを盛り上げるために変化

したのではないでしょうか?

スポンサードリンク

ハロウィンとの共通点とは?

初期の祭りのスタイルは、藁をかぶった異形の物が

各家庭を回り酒や食べ物をもらうという風習は、

秋田県のなまはげも同様ではあるが、一番この

形で連想するのは、ケルト文化発祥のハロウィンでは

ないでしょうか?

過去のハロウィンの記事はこちら!

異形の物のコスプレをすることや、各家庭を

回って飲食物(お菓子など)を貰うという形は

ほぼ一緒ですね♪

違いとしては、それが神に由来するものか、

地獄に由来するものかによるものかということ

ぐらいでしょうか?

何にしても、場所は違えど同じようなことを考える

人が存在するという事ですね☆

スポンサードリンク

まとめ

その姿から奇祭とされておりますが、日本の

ハロウィンのような祭り『カセ鳥』は、商売繁盛や

火伏の祭りでした!

その起源は、江戸前期から行われおり、神の使いを

現したものでした!

藁を被る訳などは不明でしたが、火の用心につながる

のでしょう☆

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする