【新型コロナウィルス】高速道路無料化を政府が検討!いつからいつまで?完全無料化は無理!?




3月25日に日本政府は、高速道路の無料化を検討している

ことが分かりました!

民主党政権時に『高速道路無料化社会実験』が

ありましたが、今回は新型コロナウィルスによる

経済への影響に対する対策の一環みたいで、

恐らく、期間限定であると思われます。

この記事について考察していきたいと思います!

スポンサードリンク

高速道路無料化の経済効果とは??

高速道路無料化が経済対策になぜなるのかというと、

現在、新型コロナウィルスによる外出規制や観光客の

規制により、地方産業が冷え込んでおります。

これにより近い将来に倒産や経営難に追い込まれて

いる状況を打破するための対策みたいです。

しかし、これは観光地へ人を呼び込むためのもの

なので、前提として新型コロナウィルスの終息後の

対応になります。

それでは、新型コロナウィルスの終息はいつになるの

でしょうか??

筆者としては、無料化をやるならずっと無料化にして

欲しいものですが、それは民主党政権下で行った実験

でも浮き彫りになった、交通量の増加に伴う渋滞問題や、

国が高速道路の借金完済機関の問題があるため、

永久の無料化は難しいそうですが、これは知恵を

絞って、実現してほしいものですね♪

スポンサードリンク

新型コロナウィルスの終息予想は3通り!

新型コロナウィルスが収束する方法は3通りあると

されています。その内容は以下の三つです。

  1. 人々に免疫力がつく
  2. ワクチンが開発される
  3. ウィルスが変異して感染しなくなる

この3つが主なウィルス拡大の終息の方法のようです。

まず、多くの方が望んでいるワクチン開発については

現在急ピッチで開発を各国の科学者が進めております。

しかし、ワクチンの完成まで物凄い短期間で出来ても

1年半はかかります。

理由は、ワクチンが出来るまでは動物実験などを行い

その後、人間のボランティアの被検体への安全性評価を

行って調整を加えたうえでの商品化なのです。

今までのワクチンの商品化までは5~10年かかりますが、

技術の進歩や新工法の開発などで、短縮できたとして

1年半ということです。

なので、一番は個々で免疫力を上げる、もしくは一度

コロナウィルスにかかって回復させて免疫を付ける

次にウィルスの変異を待つということが、実は

現実的なようです。

スポンサードリンク

新型コロナウィルス終息は4月以降になる?!

割と早い段階から、日本国内での終息は4月~5月頃

ではないかと囁かれていた真相に迫りたいと思います!

これは、遺伝子的に似ている構造の『SARS』の終息を

参考にしており、ウィルス自体の性質で気温や湿度が

高いとウィルスが生き延びにくい、ということがある

ためである。

そのため、日本や北半球が春から夏に向かう時期には

終息されると予想されているのです。

ただ、今回全世界で問題になっているのは、無自覚での

感染者による移動での感染拡大でしたので、北半球が

暖かくなった後に、逆に冬へと向かう南半球で拡大する

可能性はあるため、世界として終息は分かっておりません

とりあえず、国内の感染拡大は、夏前には終息する

という見方が有力であります。

その間には、前項での記述の1と3の要素が重なって

くるのだと思われます。

スポンサードリンク

まとめ

新型コロナウィルスの経済対策として、日本政府は終息後に

高速道路無料化を検討しており、これにより地方観光業の

活性化を図りたいと思っているようで、おそらく夏前くらい

からの施策になる考えられています。

兎にも角にも、ウィルスの終息が望まれますね!今後の

動向に注目して、個々でもウィルス対策をしていきましょう!

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする