【ジョブチューン】GメンのGは何のG??いつから使われた??知られざるれ歴史!




3月28日放送のTBS系【ジョブチューン】で『Gメン』

について取り上げられます!

犯罪系の番組では必ず出てくるこの『Gメン』という

言葉は何処から来たのか?

今回はその謎を追ってみたいと思います!

スポンサードリンク

GメンのGは何のG??

今回の番組でもそうですが、良く取り上げられるのが

万引きGメンですね。

というのも実は日本は世界で稀に見る、必ず世界3位に

入る万引き大国なのです…

それ以外にも麻薬Gメンや家賃Gメンといった形で

使われておりますが、このGメンのGは何のGかというと、

GovernmentのGです!

直訳するとGovernmentは政府で、Menは男性の複数系

なので、政府役人とでも言いましょうか。

実際のところ元々は、アメリカ合衆国の連邦捜査局 (FBI)

の特別捜査官の通称をG-manもしくはG-menと呼んで

おり、その後、FBI捜査官に限らず麻薬取締局取締官や

連邦保安官、連邦税務調査官など全ての『連邦』捜査官

G-menと呼ばれおります。

日本では、警察官ではない特別司法警察職員・民間の警備員。

麻薬Gメン、公害Gメン、万引きGメンなどに派生して使われ

ており、本来の言葉とは変わってきている和製英語に近い

使われ方であるようです♪

スポンサードリンク

由来はいつから??日本ではいつから使われている?

そもそも誰が使いだしたのか?何がきっかけか?は

諸説あるみたいですが、Wikipediaによると…

1933年に逮捕されたギャングのマシンガン・ケリーだったとも、

”Public Enemy No.1”として知られたジョン・デリンジャーが

1934年7月に射殺される直前に言ったとも言われる。

とあります。この時はFBI捜査官のことを指していて、

年代的には1930年代からアメリカで使われ始めた

いうことでしょう!

では、日本ではどうかというと、明確な時期は分かり

ませんが、東宝映画で【にっぽんGメン】という

映画が1948年~1960年にシリーズ化で5作発表されて

おり、戦後すぐには言葉として使われていたみたいで、

警察ではなく刑事=Gメンという構図が出来上がった

と思われます!

そして世に浸透したのはTBS系テレビドラマで

1975~1982年まで放送された【Gメン’75

シリーズではないでしょうか?

テーマ曲を聴くと割と知っている人は多いはず

です!

このように1930年代に出たアメリカで生まれた

『Gメン』という言葉は、戦後間もなく日本でも

使われ始めて、70年代から浸透したとう感じで、

どちらかというと刑事のイメージから、それに

付随する役割の人という形で浸透したのでしょう♪

スポンサードリンク

まとめ

何気なく使っていた『〇〇Gメン』という言葉を

掘り下げてみると、1930年代にアメリカで生まれ

FBI捜査官を指す言葉で、そこから派生し戦後に

日本へ伝わり、日本では70年代にテレビドラマに

よって定着したものでした♪

日本は言葉を生み出すことに長けている分、今

使われている言葉についてよく知らないことって

多いですね(笑)

何にせよ、万引き大国の汚名返上を出来る日が来る

ことを願っております…

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする