【モニタリング】レンタルパパ(家族代行)ってどんなシステム??歴史は??料金はいくらくらい??




4月2日放送のTBS系【ニンゲン観察バラエティ

モニタリング】に、俳優の小泉孝太郎さんが

レンタルパパに挑戦します!

そもそもレンタルパパって何をするのか?

気になったので調べてみました!

スポンサードリンク

レンタルパパ(家族代行サービス)の歴史は??

レンタルパパはいつから始まったのでしょうか?

昔からある仕事で、家事代行サービス、所謂

家政婦サービスなどは古くからありますし、

メイドや執事など、その家族に専属でサービスを

提供するいうなればビジネスは大昔よりあり、

(ビジネスというより召使的な要素もありますが…)

実は多岐に渡っておりましたが、今回の放送の

ようにレンタルパパ、ひいては最近は恋人も

レンタルするように時代になりました。

良くも悪くもそのようなビジネスが出てきたのは、

ハッキリとはしませんが、2014年頃には既に

あったそうで、恐らく2010年頃からチラホラ

出始めたのではないでしょうか。

スポンサードリンク

レンタルパパはどんなシステムで料金は?

システムとしては大まかにいって二パターンある

みたいで、有料で家族代行サービスを行うものと

無料のマッチングで人と人を結び付けるような

タイプです。

有料、無料と色々あるみたいですが、有料ですと

大体1回4時間程度で20,00円くらいが相場みたい

です♪

ただ、色々な利用の場面があり、結婚相手に父親

として紹介するや、不倫の謝罪に親として来て

もらうなど、体裁のために使われるものや、本当の

父親が仕事で来れないから運動会へ参加するとか、

シングルマザーで料理や家事のサポートを夫として

して欲しいなど、色々な状況があるみたいで、それに

合わせてサービスも変わり、無料・有料も選べる

みたいです。

現代の追われる子育て世代のニーズをサポートする

ことが、一番の目的となっているサービスを利用

することをオススメします♪

スポンサードリンク

まとめ

レンタルパパという新たな家族代行サービスについて

紹介しました!

今後、それを利用することがある方は、是非自分の

要望と対応できる窓口を探してみてはいかがでしょうか?

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする