【嵐にしやがれ】種子島の洞窟に映し出す満天の星とは何か!?行き方は?どこにある??




4月4日放送の日テレ系【嵐にしやがれ】にて

種子島の洞窟に映し出す満天の星

という見出しをみて、気になり調べてみました!

スポンサードリンク

種子島はどこにある??行き方は??

まず種子島がどこにあるか、正確な位置を

調べてみましょう!

鹿児島本土の南、屋久島の北東に位置する

種子島は、九州の鹿児島県に属する大隅諸島

の一つです♪

行き方は船か飛行機のどちらかで、どちらも

鹿児島からしか出ておりません!

飛行機だと鹿児島空港から、船だと鹿児島南埠頭

から出ています♪

飛行機で30分、船だと高速船で1時間半、

フェリーで4時間弱かかるみたいです☆

スポンサードリンク

種子島の洞窟はいくつある??

種子島は太平洋上にあるので波風が侵食して所々に

洞窟があるそうですが、その中でも有名な場所が

二か所あります♪

千座の岩屋(ちくらのいわや)

馬立の岩屋(またてのいわや)

この二つです☆

①の千座の岩屋の位置はこちら♪

島の南寄りの東海岸沿いですね♪

海の侵食によってできた自然の洞窟であり、内部が

畳千枚くらい広いことからこの名が付いたそうです!

一方、②の馬立の岩屋の位置はこちら♪

島の中央の東海岸沿いです☆

こちらも海の浸食で出来た洞窟で、第10代

島主・種子島幡時が、この洞穴で行方不明

なり、愛馬が洞穴の前で待っていたことが

由来だそうです☆忠犬ならぬ忠馬ですね(笑)

スポンサードリンク

種子島の洞窟に映し出す満天の星とは〇〇だった!!

番組で紹介される洞窟に映し出す満点の星とは、

そう!洞窟で行うプラネタリウムのことです!

どこで行われるかというと、千座の岩屋

行われるプラネタリウム、しかも、スーパー

プラネタリウムの「MEGASTAR-II」という、

プラネタリウム・クリエーターの大平貴之さん

開発した1000万個の星を映し出せる、精密な

プラネタリウムを洞窟内で上映するそうです♪

凄いですね!!!

しかも!!

洞窟の内部に入れるのは、干潮のわずか数時間で、

更に、その時間とプラネタリウムを投影できる夜

というタイミングがちょうど重なるのは、年に

数回しかないそうなので、そこに天候などが重なる

行えるのは本当に僅かです…

そのタイミングに運よく当たった人が見られるのです!

スポンサードリンク

まとめ

種子島の洞窟に映し出す満天の星とは、種子島の

千座の岩屋で行われる、物凄く精密なプラネタリウム

でした!

それが見られるタイミングは極僅かで、今回の番組は

運が良く見れたのか、要チェックですね☆

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする