【新型コロナウィルス】マスクでウィルスはどれだけ防げる?メガネが曇らない正しい装着とは?!




4月13日現在、中国武漢発祥の新型コロナウィルスは

とうとうアメリカの死者数が2万1489人になり、

イタリアを抜き世界一になりました。

世界全体でも死者数は11万2510人となっており、依然

として増加する見込みです。

そんな中、マスク着用が呼びかけられていますがふと、

マスクはどれだけのウィルスを防げるのか気になり、

調べてみました☆

スポンサードリンク

マスクの種類はどれだけある??

マスクの種類は素材と形状で種類分けされます!

素材で言うと2種類で、『ガーゼ』『不織布』

です♪

そして形状でいうと3種類で『平型』『プリーツ型』

『立体型』です☆

主に『ガーゼ』は『平型』が多く、『不織布』は

『プリーツ型』と『立体型』が多いです♪

因みに医療用だと『コーン型』『ダックビル型』

などがありますが、市場に出回っているのは大体

上記の3種類ですね♪

また、使用目的でも大きく二つに分けられて、

外部から装着者への感染を防ぐためのマスク

『N95型』感染者が病原体を飛散させない

ための『サージカル型』があります。

左:N95型、右:サージカル型

要は、感染者に近づく場合は『N95型』、

感染者が付けるべきが『サージカル型』

なります!

使用と目的によってマスク選びをしましょう♪

スポンサードリンク

マスクはウィルスをどれだけ防ぐ??

ウィルスと細菌が病原体となりますが、そもそも

ウィルスや細菌の大きさってどれくらいなんでしょうか?

まずはこれをご覧ください!

細菌は1μmくらいの大きさで、ウィルスは

10~100nmくらいの大きさで、今回の新型

コロナウィルスは約100nmです。

ヒトの細胞が10μmなので、物凄い小さい世界

ですね!

そして一般的にマスクの穴の大きさはこうです!

不織布で5μm弱、布で5μm以上です!

因みに1μmは0.001mmで、1nmは0.000001mm

です…イマイチ、ピンときませんね(笑)

大きさを比べてみるとこんな感じだそうです☆彡

つまりマスクでは、完全に細菌やウィルスは防げない

ですし、不織布はフィルターもあるので多少は減らせ

ますが、やはり侵入はあるので、どちらかというと

飛沫物を減らすくらいのものなのです!!

なので近く人がいて飛沫がある場合は付ける、という

のが正解なのでしょうね♪

スポンサードリンク

メガネが曇らないマスクの着用方とは??

普段マスクをつけ慣れていない人で、眼鏡をかけている方は

寒い時期だとメガネが曇ってストレスになることが多々ある

と思います。

しかしメガネが曇りくくする方法は確かにあります!

それをいくつかご紹介します♪

因みに今回の対策は『プリーツ型』のみです♪

①上部を折る(内側でも外側でも可)

②上部に入っている金具を波型にする(下の写真参照)

③マスクの中にティッシュを仕込む

④鼻呼吸をする

⑤眼鏡用マスクを買う

⑥曇り防止パッドを付ける

以上、いくつか紹介しましたが、個人的には②番で

波型にしなくてもしっかりワイヤーをフィット

させればそこまで曇りません♪

因みにマスクの正しい装着方はコチラです!

眼鏡着用の皆様もこれを機に、マスクの装着方法を

工夫して、曇り知らずのマスクライフにしましょう♪

スポンサードリンク

まとめ

武漢発祥の新型コロナウィルスが猛威を振るい

続けている現在、まだまだマスクが必要と報じ

られておりますが、実際はマスクで何とかなる

レベルではありませんが、飛沫を少し抑える

程度ということを頭に入れて、狭小空間や人と

近くなる場合のみくらいには使用しましょう☆

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする