【世界!ニッポン行きたい人応援団】老舗・玉嶋屋の羊羹はどんなの?羊羹は何種類ある??錦玉羹とは何??




4月13日放送のテレビ東京系【世界!ニッポン行きたい人

応援団】にて羊羹がピックアップされます!!

福島県二本松市の玉嶋屋さんや錦玉羹という言葉を

知らなかったので、調べてみました♪

スポンサードリンク

羊羹ってどんなお菓子??種類はいくつある??

日本人に親しまれている羊羹ですが、いつから作られる

ようになったかご存知ですか??

羊羹とは、元々中国料理で羊の肉を煮込んだスープ

ことを言うみたいです♪

5~6世紀には中国の書物に登場しており、日本には

14世紀頃に伝わり禅僧が持ち込んだみたいです♪

しかし、肉が食べられない禅僧は小豆で代用したことで、

今の羊羹の原型が出来ました☆

その後戦国時代に練羊羹が開発されて、天下人・豊臣秀吉に

献上され、江戸時代には練羊羹全盛期があり、様々な種類が

開発されました♪

一口に羊羹と言っても実はいくつか種類があり、大きく分けて

三つに分類されます☆

①練羊羹(ねりようかん)

小豆を原料とする餡を型に入れ、寒天で固めたもの

②水羊羹(みずようかん)

寒天の量を減らし水分を増やして柔らかいもの

③蒸し羊羹(むしようかん)

小麦粉や葛粉を材料に加え蒸した後に固めたもの

見た目で練羊羹と水羊羹は分かりにくいですね(笑)

でも食べたら違いはハッキリしてます♪

スポンサードリンク

錦玉羹とは何か??

今回の番組で羊羹と錦玉羹の作り方を学んだと

いうものがありましたが…『錦玉羹』??

そもそも読み方がわかりませんでした(笑)

これは『錦玉羹(きんぎょくかん)』と言い

『金玉羹』とも書くそうで、別名『琥珀羹

(こはくかん)』とも言うそうです!

食べられる宝石と言われるだけあって、鮮やか

ですね☆

煮て溶かした寒天に砂糖や水飴などの甘味を加え

固めるらしく、江戸時代には出回っていたそうです☆

作っている方の動画はコチラ↓↓

いやぁ、本当に綺麗ですね♪

そして簡単そうなので、いつか作ってみようかな(笑)

スポンサードリンク

玉嶋屋ってどんなお店?どの羊羹を作っている??

今回の番組で外国の方が、福島県二本松市の老舗・

玉嶋屋さんを訪ねるみたいですが、このお店の存在

すら知りませんでした(笑)

場所はココになります☆

JR二本松駅前ですね☆ もう少し引いて見ると…

福島市と郡山市の中間あたりですね☆

お店のHPはコチラ♪

江戸時代には将軍への献上品として作られて

いたそうで、その時の伝統製法を守っている

そうです☆

その伝統製法で作られているのが『本練羊羹』

表面を砂糖で包みサクサクさせて食感を出して

上質な小豆を使用しているそうです♪

それ以外にも『玉羊羹』『浮草』『木の葉饅頭』

なども取り扱っているそうです♪

玉羊羹

東北へ行った際には是非寄ってみたいものですね☆

スポンサードリンク

まとめ

和菓子の羊羹について深堀をしてみましたが、

発祥は中国の羊肉のスープで、小豆で代用し

菓子として昇華され、今は様々な種類の羊羹を

楽しめます☆

今回の番組の外国の方に習って、羊羹づくりなど

いてみてはいかがでしょうか??♪

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする