【開運!なんでも鑑定団】80年代<伝説画家>とは誰か!?作品やプロフィールは??




4月14日放送のテレビ東京系【開運!なんでも鑑定団】

の番組内容欄に以下の内容がありました!

スタジオ騒然…80年代<伝説画家>の絵に超絶値!!

この伝説の画家が誰なのか調べてみました!

スポンサードリンク

80年代<伝説画家>とは誰か!?

上記の番組内容のキーワードをピックアップすると…

  • 80年代の画家
  • 伝説の画家

ということくらいしかないです(笑)

とりあえず80年代の画家で有名な方を探すと

沢山出て来ますが、伝説の画家という言葉が

気になります…

伝説というのだから、生ける伝説なのか、

既に他界してしまっているのか…

そこで私の予想は、既に他界してしまった

伝説的画家で、キャンパスに残した絵が

少ない画家なのではないか??と予想しました!

それに合致する画家がこの方!!

キース・へリング氏です!!

次に彼の作品やプロフィールを紹介したいと

思います!

絵を見ればあぁ!ってなるはずです!!

スポンサードリンク

プロフィールや作品は??

まずは彼の名前を知らない人でも、彼の絵を

見れば日本人なら大体知っているはずです!

ユニクロなどでコラボ作品がありましたね♪

キース・へリング氏のプロフィールがこちら!

名前  : キース・ヘリング(Keith Haring)

出生没 : 1958年5月4日 – 1990年2月16日(享年32歳)

出身  : アメリカ合衆国ペンシルベニア州レディング

職業  : 画家

略歴  : 1980年にニューヨークの地下鉄構内で使用されて

いない広告掲示板に黒い紙を張り、その上にチョークで絵を描くという

サブウェイ・ドローイングと呼ばれる活動を始めた。

ニューヨークの画商トニー・シャフラジの支持もあって、数回の個展を

開催して知名度を上げる。

その後、ニューヨークのマンハッタン、シドニー、メルボルン、

リオデジャネイロ、アムステルダム、パリなどで壁画を製作するなど

公共空間での活動を多く行なった。

ジャン=ミシェル・バスキアやアンディ・ウォーホルとも親交が深かった。

彼の生涯最後の作品は、イタリア・ピサ中央駅そばの教会の壁に

かかれた「Tuttomondo」。

1990年2月にエイズによる合併症のため、31歳で死去。

引用 : Wikipedia

どんな方だったかというと、彼は同性愛者であり

社会貢献活動を多く行ない、AIDS撲滅活動や

恵まれない子供たちへの活動で知られています。

作品としては、ストリートアートの先駆者として

名を馳せ、壁画などが多いみたいです☆

そして「Radiant Baby(光輝く赤ん坊)」(上記)

「円盤」「犬を象徴するもの」をモチーフに

した作品が多いのも特徴です♪

シンプルな線で生命力やメッセージを表現する現代

アートの伝説ですね♪

スポンサードリンク

まとめ

今回、番組で驚愕の値がついたのがキース・へリング氏の

作品であれば、キャンパスに残っている原本が

少ないので、ありうるかなと予想しました♪

正解を番組でチェックしたいと思います!

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする