【情熱大陸】天ぷら職人兼イノベーター・近藤文夫さんの半生とは!?結婚は?オバマ大統領を拒否した?!




5月3日放送のTBS系【情熱大陸】に

天ぷら職人の近藤文夫さんが登場します♪

天ぷら職人としても、またイノベーター

としてもその手腕を振るう近藤さんを

紹介していきたいと思います♪

スポンサードリンク

近藤文夫さんのプロフィールと略歴

名前  : 近藤 文夫(こんどう ふみお)

生年月日: 1947年5月16日(2020年4月現在72歳)

出身地 : 東京都足立区

略歴  : 小学校前に父を亡くして、母が女手一つで育てる。

1966年の18歳の時に『山の上ホテル』に就職し、社長から

『和食向きの顔』ということから和食の道へ進むことになる。

1971年の23歳の時に料理長へ昇格。

1991年の41歳の時に独立し、『てんぷら近藤』を開店。

食の世界に入るきっかけは、幼い頃から自分で料理が出来たら

良いなと、女手一つで苦労するお母様を見て思ったそうです♪

それと、料理人になれば食いっぱぐれることはないと思った

からだそうです☆

衣食住の一つなので、人間に必ず必要な部分ですね♪

スポンサードリンク

イノベーターとしての天ぷら職人とは!?

イノベーターとは革新者と訳されており、

冒険心にあふれ、新しいものを進んで採用する人

とされております♪

そして生き残るイノベーターは、先見の明があって

それをいち早く行動に移せる人のことです☆

近藤さんが何をしたかというと、ホテルの和室部門の

料理長に就任した際のこと。

和食コースの一品にすぎなかった天ぷらを、

逆にコース料理の中心にすべきという改革を行ったのです!

今でこそ野菜天ぷらのアイデンティティは

確立されておりますが、その基礎となったのは

実は近藤さんである可能性が高いのです♪

スポンサードリンク

オバマ前米大統領を入店拒否した理由とは!?

オバマ前大統領が来日したのは4回有り、

恐らく2014年の来日の際にランチのために

予約をしようとした際に、近藤さんが断った

そうです!

詳細と理由はこうです!

オバマ大統領との会食の場として白羽の矢がたった

『てんぷら近藤』ですが、外務省経由で予約が入った

際には、既に予約客が90件以上あったのです!

大統領だからといって、先に入っている予約客を断わる

つもりはなかったので、断ったそうです!

地位や名誉ではなく、目の前のお客様を大事にする

粋な心意気ですね☆

スポンサードリンク

結婚はしている??子供はいる??

ミシュラン10年連続受賞の近藤さんの店は、

今や天ぷら界では知らない人はいないほどの

有名店となりました♪

そんな近藤さんですが、御年は70を超えており

結婚や跡取りがいるのか?などが気になりますが、

どうやら結婚はされおり、結婚45年目を迎えて

いるそうです♪

そして息子さんも3人おり、内2人は料理の道、

そして更に1人は近藤さんの下で修業中とのこと♪

何が何でも家を継ぐということを強要してきた

訳ではないとは思いますが、それでも跡を継いで

くれるのは嬉しかったと思います

しかし、実子だからと優遇せず、独立出来る技術を

身に着けるためには10年かけろという方針のもと、

修行をさせているそうです!

確かに、そんな贔屓をしたら他の職人のモチベーション

にも繋がりますから、ビジネスマンとしての力量も

凄いですね☆

スポンサードリンク

まとめ

天ぷら職人として腕を磨くと共に、イノベーター

として、天ぷらの可能性を切り開いてきた近藤文夫さん♪

コロナの苦境に立つ中、それでもイノベーターとしての

実力で乗り越えて、その技を堪能したいものですね♪

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする