夫婦デュオ・ハンバートハンバートの子供との接し方は??バンド名の由来は??【SWITCHインタビュー 達人達(たち)】




5月9日放送のNHKEテレ【SWITCHインタビュー 達人達(たち)】に

夫婦デュオ・ハンバートハンバートのお二人が

漫才コンビ・ナイツと対談します♪

番組では夫婦による音楽制作について、

良さと難しさを語られるみたいです♪

変わったバンド名が気になり調べてみました!

スポンサードリンク

ハンバートハンバートとは??

バンド名 : ハンバート ハンバート(HUMBERT HUMBERT)

メンバー : 男女2人組デュオ

佐藤 良成(さとう りょうせい)Vo、Gtなど、作詞、作曲担当。神奈川県出身

佐野 遊穂(さの ゆうほ)Vo、ハーモニカなど、作詞担当。東京都出身

結成   : 1998年

略歴   : 和光高等学校在学中にボブ・ディランやザ・バンドのコピー

バンドで活動していた佐藤が早稲田大学に進学後、早大や和光大学の

仲間たちとバンドを結成。

それに参加したのが和光大学在学中だった佐野であった。

当初は6人組バンドとして渋谷や恵比寿、吉祥寺のライブハウスを

拠点に活動。しかし就職などでメンバーが去り、最終的に2人が残った。

インディーズで2枚のアルバムを発表し、2003年ミディよりメジャーデビュー

引用:Wikipedia

メジャーデビューが2003年ですが、CDデビューは

2001年みたいです♪

しかし最初はなかなか売れなくて苦労したみたいです…

好転になったのが2005年のこの曲!

この曲を皮切りに2006年には『Summer Sonic』

2007年には『FUJI ROCK FESTIVALに主演されて

いて、一気に全国区へとのし上がります♪

そしてこのCM曲も実はお二人の曲です!

一度聴いたら頭から離れませんね(笑)

企業ソングや子供番組などへも楽曲提供をしたり、

広い世代から支持される音楽がとても心地よい

音楽ですね♪

スポンサードリンク

バンド名の由来は??

とても楽曲が暖かいお二人ですが、バンド名が

とても印象的ですね♪

同じ音を繰り返しているのですが、でも何か

引っ掛かる…

お二人の歌と同様、とても気になる名前…

由来は何かというと、とあるインタビューで

語られていました!

「ハンバート ハンバート」という名前は、ロシア出身の作家

ウラジーミル・ナボコフの小説「ロリータ」に登場する大学教授、

ハンバート・ハンバートが由来

佐藤さんが大学でロシア文学を学んでいて、授業で「ロリータ」を

読んだことがあったので、この名前を候補に入れておいた

引用:https://otekomachi.yomiuri.co.jp/enta/20180720-OKT8T93844/

まさかのロシア小説の登場人物の名前でした!!

なかなか衝撃的です(笑)

予想の斜め上を行った答えでした♪

懐かしいながらも個性を放つお二人の曲調に

合った良い名前ですね☆

スポンサードリンク

お子さんはいくつ??接し方が凄い?!

3人の息子さんを持つ3児の親のお二人♪

2018年当時で10歳、7歳、4歳でしたので、

現在は12歳、9歳、6歳くらいでしょうか?

ツアーなどがあるお二人はどうやってお子さんと

向き合っているのでしょうか?

そのヒントがコチラ!

ミュージシャンには珍しい週休2日宣言です(笑)

学校が休みの日は、ちゃんとお子さんとの時間を

取るという姿勢が素晴らしいですね♪

それは夫婦で同じ仕事をしていて、公私共に

一緒だからこそ取らなければいけないことなのかも

しれませんね♪

スポンサードリンク

まとめ

夫婦としてもグループとしても、文字通り

二人三脚のハンバートハンバートのお二人♪

曲に出るその人柄と個性は実はバンド名にも

込められており、夫婦デュオだからこそ

子供とも向き合う時間を大切にする方々でした♪

今後の活躍を期待しております☆

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする