【ナニコレ珍百景】宮城県気仙沼市の伝統料理「あざら」ってどんな料理??歴史は??




5月10日放送のテレビ朝日系【ナニコレ珍百景】の

番組内容欄に以下の内容がありました!

宮城・気仙沼…臭いがスゴい伝統料理「あざら」

臭いがスゴい伝統料理!?どういうこと?!

ということで気になり調べてみました!

スポンサードリンク

伝統料理『あざら』とはどんな料理!?

まずは『あざら』が食べられているのが、

宮城県気仙沼市というところですが、

場所はコチラ!

宮城県と岩手県の県境ですね♪

郷土料理『あざら』はどんな料理

なのでしょうか?

臭いが強いという事は発酵料理かな??

それがコチラ!

発酵料理でした(笑)検索してみると…

あざらは、バラメヌケ(メヌケ)のあらと白菜の古漬けを、

酒粕と共にトロ火で煮込んだもの。

引用:Wikipedia

ということです♪

因みにバラメヌケとはこんな魚です♪

なんか酒粕で発酵された香りなんとなく

癖が出るけど、食べたら癖になりそう

予感がしますね♪

是非機会があれば食べてみたいですね!

スポンサードリンク

『あざら』の歴史は??

その歴史はどんなものなのでしょうか?

調べてみたら正確な年代などは分かりません

でした

ただ、語源としては昔、精進料理として

阿闍梨(あじゃり)という位のお坊さんが

振舞ったことで広まり、『あじゃり』が訛った説

作り方が荒々しいため荒々しいという古語の

『あじゃら』という言葉から来た説があるそうです♪

元々は旧正月の際に出されていた料理で、

発祥などは不明ですが、今では各家庭で

作られることは少ないそうです…

残念ですね…

スポンサードリンク

まとめ

宮城県気仙沼市の郷土料理『あざら』について

紹介いたしました!

番組でも実際の料理を要チェックですね♪

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする