【緊急事態宣言解除】5月14日正式に39県解除へ!それでもコロナは消滅しない!?




5月14日にとうとう正式に『緊急事態宣言』を

34県で解除し、加えて『特定警戒都道府県』に

指定した13の都道府県の内5県でも解除に

踏切りました!

とても長かった新型コロナウィルスとの戦いに

一旦終止符が打たれようとしております!

今回はその経緯と今後のコロナ動向を調べてみました!

スポンサードリンク

5月14日に緊急事態宣言解除の39県について

今回緊急事態宣言が解除されるのは以下の県です。

東北:青森県、秋田県、岩手県、山形県、福島県、宮城県

北陸:新潟県、富山県、石川県、福井県

関東:茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、静岡県

東海:長野県、愛知県岐阜県、三重県

近畿:奈良県、和歌山県、滋賀県

中国:島根県、鳥取県、広島県、岡山県、山口県

四国:徳島県、香川県、高知県、愛媛県

九州:福岡県、長崎県、佐賀県、大分県、

宮崎県、熊本県、鹿児島県

沖縄:沖縄県

この内、マーカーをいれているのが、13の

『特定警戒都道府県』の内の5県になります!

残りは都道府県は以下の7都道府県です。

北海道、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、

大阪府、京都府

ですが、21日に再度判断を検討するそうです!

ですので解除されない都道府県との往来は、

以前として注意がされるそうですが、それでも

一旦収束されるのは喜ばしいことですね♪

スポンサードリンク

新型コロナウィルスは消滅しない可能性?!

日本での新型コロナウィルスは一旦の終息宣言となる

緊急事態宣言の解除がされましたが、実は新型コロナ

ウィルス自体は消滅をするわけではないことが、13日に

WHO(世界保健機構)のマイケル・ライアン氏が発表

しました。同氏は今回の新型コロナウィルスが、HIV

ウィルスのように、エンデミック(一部の地域で通常の

範囲内で広がっている状態)になる可能性を語り、今後も

ウィルスとの戦いが長期化する可能性を示唆しました。

とはいえ、今回の新型コロナウィルスは、通常の風邪の

ウィルスの変異型なので、当たり前と言えば当たり前です

ので、特に気に病む必要もなく、うがい手洗いや手や物の

定期的な消毒、そして感染してからの適正対応で免疫を

つければ、問題ない事なので、パニックにならず、落ち着いて

対応していきたいものですね♪

新型コロナウィルスの現在の状況

5月12日現在での新型コロナウィルスの状況は

以下の通りです♪

PCR検査人数累計  :188,031名

PCR検査陽性者数累計:15,854名

入院治療を要する者累計:5,162名

重症患者数累計   :259名

死亡者累計     :668名

退院・療養解除数累計:9,851名

引用:東洋経済オンライン

この数字を見て、どう思われますでしょうか?

私的な意見で言えば、少ないと思いました。

インフルエンザの方がよっぽど怖い気がします。

状況は違いますが、それでも発症者数と死亡者数の

桁が違うので、今回は個々がしっかりと対策を

すれば恐れる必要のないウィルスであることが

分かりますね。

勿論、亡くなられた方もいらっしゃるので、

安全であるとは言い難いですので、個々の

対策はしっかりしていきましょう♪

スポンサードリンク

まとめ

4月7日に出された日本の緊急事態宣言は、

5月14日に39県で解除がされます。それを受け、

未解除の残り8都道府県も21日目途で追加

判断がされ、一旦の終息を見せております。

しかし、新型コロナウィルスが消滅するわけでは

ない可能性があるので、引き続き体調や健康には

注意して、神経質にならずに過ごしていきましょう

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする