ソフトクリーム最大手・日世はどんな会社??歴史は?ソフトクリームは英語でない?【たけしのニッポンのミカタ!】




5月15日放送のテレビ東京系【たけしの

ニッポンのミカタ!】にソフトクリーム

業界のNo1日世が紹介されます♪

誰もが見たことのあるこのキャラで

お馴染みの企業ですが、どんな会社で

年商などが気になり調べてみました♪

スポンサードリンク

日世はどんな会社??年商は??

日本のソフトクリームといえば『日世』

というイメージが、私の中ではありますが、

実際に、『日世』のことは全く知りません(笑)

ですので、会社についてまとめてみました♪

日世株式会社(にっせい、英称:NISSEI Co.,Ltd.

  • 本社:大阪府茨木市
  • 事業:ソフトクリームに関連する製品や機械などの製造販売
  • 代表:岡山宏
  • 1947年5月 「株式会社 二世商会」設立
  • 1948年7月 – 東京出張所(現・東京支店)開設
  • 1952年4月 – 日世株式会社に社名変更
  • 1972年6月 – 「日世メリーランドカップ株式会社」設立
  • 1979年4月 – ポーションパックタイプのコーヒーフレッシュ発売
  • 1985年8月 – スヌーピー商標権取得
  • 2013年4月 – 南アルプス市櫛形総合公園陸上競技場の命名権を取得し、「日世 南アルプススタジアム」と命名

引用:Wikipedia

創業が1947年とは戦後間もない時期に

創業されていたとは…

そもそもソフトクリームだけを製品として

売っていたらこんなに大きくなかったと

思いますが、機械のシェアがNo.1なので

どんどんと大きくなっていき、現在は

こんな企業規模になっています♪

資本金 4億8192万円
純利益 33億0016万7000円(2019年12月31日時点)
純資産 290億7622万5000円(2019年12月31日時点)
総資産 455億5827万3000円(2019年12月31日時点)
従業員数 700名

引用:Wikipedia

って、どんだけぇ~!!(笑)

メチャクチャ大企業ですが、一部上場して

いないのです!

株式に上場すると会社は株主のための

会社になってしまうので、それを避けた

のではないかと、個人的に思っています♪

因みに、『日世』のキャラクターは双子の

兄妹で、『ニックン』と『セイチャン』

というらしいです(笑)

スポンサードリンク

ソフトクリームとアイスクリームの違いは??

普通にソフトクリームと紹介しておりますが、

そもそもソフトクリームとアイスクリームって

何か違いがあるのでしょうか??

調べてみると、両者は製法や原材料は同じですが、

出来立てがソフトクリーム運搬のために急速

冷凍したのがアイスクリームということです!!

広義で言うと両方ともアイスクリームらしくて、

冷凍するかどうかで使い分けるみたいです♪

知っていましたか??

因みにジェラートとの違いは、アイスクリームが

乳脂8%以上で、ジェラートが5~8%という

違いがあるそうで、ジェラートは凍らせる

という意味でアイスですが、素材の味をより

濃厚に出す感じですね♪

スポンサードリンク

ソフトクリームは日本語!?造語だった!?

英語圏で『ソフトクリーム、プリーズ』と

言っても通じません(笑)

何故なら、ソフトクリームは和製英語だから

です!!

ソフトクリームという言葉は、『日世』の

創業者である、田中譲治さんが作った

言葉です♪

ソフトクリームの存在が日本に来たのは

1951年なので、その時に作られた言葉

ではないかと思われます☆

では、英語で『ソフトクリーム』は何と

言うのでしょうか??

正解は『Soft Serve Ice Cream』です♪

直訳すると『柔らかく盛りつけたアイス

クリーム』ですね☆

『Soft Serve』でも通じるみたいです!

因みに『Soft Cream』だと『柔らかい

クリーム状の物』という意味で、アイスの

要素が消えるのです(笑)

英語圏に行った際は気をつけましょう!

スポンサードリンク

まとめ

ソフトクリーム業界No.1の日世は、

日本にソフトクリームを知らしめた企業

ソフトクリームという言葉を生みの親でも

ありました♪

ソフトクリームだけでなく、機械のシェア

日本のソフトクリーム業界を引っ張る企業

でした!

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする