葛餅ってどんな歴史がある?作り方は?種類は?わらび餅と材料が違う??【満天☆青空レストラン】




5月16日放送の日テレ系【満天☆青空

レストラン】の番組内容欄に…

家で作れるくず餅セット&おつまみメンマ

とありましたが、葛餅が簡単に作ることが

出来るのか?そもそも葛餅ってどんな歴史

あるのか?が気になり調べてみました!

スポンサードリンク

葛餅ってどんなお菓子??種類は??

葛餅についてWikipediaで調べてみると…

葛餅(くずもち、くず餅)は、日本で作られる和菓子。

葛粉を使用する物と、小麦粉からグルテンを分離させて、

浮き粉を発酵させた久寿餅(くず餅)がある。

黒蜜、きな粉をかけることが多い。

とあります!ん??葛餅って二つあるの??

ということでさらに調べてみると…

どうやら関東と関西で違うみたいです!!

関西風の葛餅はコチラ!!

そして関東風の葛餅はコチラ!!

見た目の違いとしては関西風葛餅

半透明でプルンとした食感が特徴で、

関東風くず餅は、白く濁っており

モッチリした食感なので、全然違い

ますね(笑)

更に!実はもう一つ葛餅には種類が

あって、沖縄風くず餅です!

沖縄風くず餅は、見た目は関東風に

近いですが、更にモチっとしており、

独特な味と食感なのです!

スポンサードリンク

作り方の違いは??歴史は?

見た目の違いに触れて来ましたが、そもそも

作り方や原材料が全部違います(笑)

もうそれは別の料理では?とも思いますが、

見てみましょう♪

まずは関西風葛餅の作り方からです♪

葛粉に水と砂糖を入れて、火にかけて練っていくと

透明~半透明になってとろみが生じ、ぷるんとした

独特の食感になるそうです☆

歴史としては葛粉の生成は16世紀頃から行われ、

葛餅としての形が出来たのは18世紀頃

江戸中期頃と言われております♪

次に関東風くず餅の作り方です♪

小麦粉から精製したデンプンを乳酸菌で発酵

させたもので、独特の風味があるそうです!

和菓子で唯一の発酵食品とのことです!!

製造が確立されたのは江戸後期の1800年代頃

のようです♪

最後に沖縄風くず餅の作り方ですが、関西風の

ものの葛粉の代わりに芋くずと呼ばれる

サツマイモデンプンからつくられるので食感が

変わるそうです♪

番組で作られるのはどの葛餅なのか?

要注目ですね♪

スポンサードリンク

わらび餅と何が違う??

そこでふと思い出すのが『わらび餅』です♪

見た目は関西風の葛餅に似ているので、何が

違うのかがパッと出て来ませんでした(笑)

それでは同じように作り方や歴史を見て

みましょう!

わらびもち(わらび餅、蕨餅)は、わらび粉を

原料とする柔らかく口どけの良い和菓子。

きな粉や抹茶の粉、黒蜜をかけて食べる。

引用:Wikipedia

とのことですが作り方はどうでしょうか?

こうやってみると、わらび餅はほぼ関西風の

葛餅と変わりませんが、原材料が違うという

ことですね♪

そして歴史としては、わらび餅が最も古く、

醍醐天皇の好物だったと言われ、800年代には

原型となるものが存在していたそうです!

そして、凶作の際の農家の非常食でもあった

みたいで、もしかしたら葛餅の祖先となる

和菓子だったのかもしれませんね☆

スポンサードリンク

まとめ

葛餅について調べてみると関西と関東で全く

別物の食べ物でした♪

その見た目も食感も違いますが、食べ方が

似ているので一括りになっているみたいです☆

どちらも江戸時代に出来た食べ物ですが、

実は、わらび餅がその祖先かもしれません♪

今回の番組でどの葛餅のレシピが紹介される

のか、要チェックですね☆

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする