世界三大珍獣コビトカバはどんな生き物?残りの2匹は何??【世界の果てまでイッテQ!】




5月17日放送の日テレ系【世界の果てまで

イッテQ!】にて世界三大珍獣の一つ、

コビトカバが紹介されます♪

コビトカバの生態が気になったのと、

残り二つはどんな生物かも気になり、

調らべてみました!

スポンサードリンク

世界三大珍獣・コビトカバとは!?

コビトカバは漢字だと『小人河馬』という

事だと思いますが、名前からして可愛いです♪

実際の姿はと言うと…

え!?可愛い!!(笑)

小さいからなのか可愛いのかな??

とりあえず普通のカバはというと…

確かに小ささは可愛い要因かなと思いますね(笑)

因みにこのカバは1800年代中期に、

アメリカ合衆国籍の黒人奴隷が発見したそうです!

最初は奇形種だとして認められなかったものの、

1913年に捕獲に成功して、やっと存在が認められた

そうです!

この子は特に可愛いですね!!

体長は150-175cm、肩高75-100cmですが、

体重は180-275kgと流石カバですね(笑)

頭が小型で丸みがあったり、目鼻立ちが整って

いるのもポイントですね☆

因みに、前肢の2本の指の間には発達していない

水掻きがあるそうです♪退化した??(笑)

スポンサードリンク

残りの三大珍獣はどんな生き物??

三大珍獣という事で、勿論3種類いますが、

『コビトカバ』以外の2種類は何でしょうか?

じゃそれは『ジャイアントパンダ』

『オカピ』です!!

『ジャイアントパンダ』は、クマ科の生物で日本でも

有名ですね♪

体長1.2 -1.5mで、体重はオスで100kg、メスで90kg

程になります♪

実は肉食ですが、山奥に逃げて生息地に豊富にある

笹などの葉を食べる様になったが、腸の構造上、

量を食べないと十分な栄養にならず、ずっと食べて

いるそうです(笑)

次に『オカピ』ですが、偶蹄目キリン科オカピ属

分類ていますが、当初はシマウマの仲間だと思われ

ており、後の研究でキリンの仲間と分かりました

脚の縞模様が美しく、森の貴婦人と呼ばれ、

20世紀に入ってから存在が確認されたそうです♪

体長は1.9-2.5 m、肩高1.5-2.0 m、体重は

200-250 kgと意外と大きくて、ウマに似た体型が

特徴です♪

スポンサードリンク

まとめ

三大珍獣について調べてみました♪

どの珍獣も可愛いですが、個人的には今回の

主役、『コビトカバ』が特に可愛いな

思いました(笑)

皆様はいかがでしょうか??

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする