石川県の尾間谷一彦さんのうどん店『のんち』の場所や行き方は?コロナの影響は??【人生の楽園】




5月30日放送のテレビ朝日系【人生の楽園】で

石川県珠洲市のうどん店経営尾間谷夫妻

紹介されます♪

そんなお店の紹介を番組に先んじて紹介や

コロナの影響などを調べみました!

スポンサードリンク

尾間谷一彦さんのお店『のんち』の場所やアクセスは??

石川県珠洲市にお店を構える尾間谷一彦さん

お店『のんち』ですが、そもそもお店のある

石川県珠洲市ってどこにあるのでしょうか?

お店の位置も含め場所を確認していきましょう♪

珠洲市(すずし)は、石川県の北東部、

能登半島の先端の町なのですね♪

読み方も『たますし』ではなく

『すずし』です♪Wikipediaによると…

人口13,000人ほどの市で、本州にある市の中で

1番人口が少ない

日本海に面し、暖流の影響を受けているため

緯度の割に気候は温暖である。

冬は日照が少なく雪や雨が多い。

降水量は梅雨よりも冬の方が多い

とのことです♪

割と暖かいですが、冬の気候は厳しそうですね…

そんな珠洲市でうどん店をされている尾間谷さんの

お店『のんち』の場所はコチラ!

もう少し寄ってみると…

割と町の中心にありますね♪

住所は『石川県珠洲市野々江町シ部20-1』です☆

しかし、この珠洲市ですが、近くに電車は走っておらず、

実は2005年に『のと鉄道能登線』が廃止になって、

石川県の金沢市などの中心地に出る公共手段が殆ど

無くなってしまっているので、アクセスは車でしか

行けないのです…

本数が少ないですが、北鉄奥能登バス』や市バス

などがありますが、行くなら車の方が良さそうです。

それでも市の人気店として、活性化の原動力に

なっているのです!!

スポンサードリンク

『のんち』はどんなお店??メニューは??

うどん店『のんち』は前述の様に、尾間谷一彦さん

経営されているお店で、奥様の悦子さんとで切り盛り

されています♪

転機は2005年の『のと鉄道能登線』廃止で、

過疎化が進む地元を元気づけたいという想いから、

その後、長年務めた工場を辞めて、修行のため

香川県にある製麺機械メーカーが主催する

「うどん学校」で6日間の講習と20日間の

店舗研修を受けて、帰郷し2011年に開店

したそうです!

そんな折、奥様の後押しと地元の仲間の助け

開店し、人気店となり、珠洲市の地域の活性化に

一役買っております♪

そんな『のんち』のメニューがこちら!!

手書きの感じが良いですね♪

お店の雰囲気はコチラ♪

落ち着いた雰囲気ですね♪

店主の人柄が出ている感じです♪

オススメメニューはかき揚げうどんとの

ことですが、どれも美味しそうです♪

そんな『のんち』の情報はコチラ♪

営業時間: 午前11時~午後2時
      *麺が無くなり次第終了
定休日 : 土日祝日
TEL   : 0768-82-6105
住所  : 珠洲市野々江町シ部20-1
料金目安: 釜あげうどん 400円
     かき揚げうどん 600円

是非、奥能登へ行く際には寄りたい店ですね♪

スポンサードリンク

コロナの影響は??

新型コロナウィルスが落ち着いてきている現在、

『のんち』はどうだったのでしょうか?

恐らく、緊急事態宣言下では休業もされたかと

思いますが、現在は復帰していると思います♪

今後も頑張って欲しいものです♪

スポンサードリンク

まとめ

うどんで地元を元気着けようと頑張る『のんち』

店主の尾間谷一彦さん夫妻は、現在お孫さんも

誕生して、益々頑張っていらっしゃる姿を今回の

番組で披露してくれることでしょう♪

番組を要チェックですね☆

【人生の楽園】石川県の尾間谷一彦さんのうどん店『のんち』の場所や行き方は?コロナの影響などを調査しました!

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする