日本古来の手品『和妻』ってどんな手品??歴史は??【世界の果てまでイッテQ!】




5月31日放送の日テレ系【世界の果てまで

イッテQ!】の番組内容欄に気になるモノが!

日本古来の手品「和妻」

日本人ですが和妻というものがどんな

物なのか知らなかったので、気になり

調べてみました!

スポンサードリンク

日本古来の手品『和妻』とはどんな手品?

『和妻』となどんなものかWikipediaによると…

和妻(わづま)とは、日本に古くから主に口伝で

受け継がれてきた伝統的な奇術の分野である。

手妻(てづま)、品玉(しなだま)と呼ばれることもある。

和妻に対して西洋の奇術のスタイルを洋妻(ようづま)

ということがある。

語源は「手を稲妻の様に素早く動かすから」である。

現代になって生み出された日本奇術は創作和妻現代和妻など

といわれることがある

とされています。

どんなものなのか、実際に見てみましょう!

こちらは所謂、『胡蝶の舞』と言われる奇術です♪

因みに古来からの『和妻』は口伝なので、

口頭と実際に見せての相伝だったみたいです♪

実際にどんな演目があるのかを見てみましょう☆

胡蝶の舞 : 白い半紙を破って蝶をつくり、扇子でまるで生きているかのように空中を舞う。

袖玉子 : 着物の袖のような形をした袋から卵が出現したり消失したりする。

ヒョコ : 紙でできた人形がひとりでに動くという術。

お椀と玉 : 3つ~4つのお椀とお手玉を使う。いわゆるカップ・アンド・ボールの日本版。と

連理の紙 : 和紙を12片に切り分けるが、それらが瞬時にしてつながる。

釜抜け術 : 子供を釜に入れて鍵をかけ、脱出する術。

水芸 : 噴水術。

呑馬 : 術生きた馬を飲み込む奇術    など

引用:Wikipedia

水芸などは有名な『和妻』ではないでしょうか?

名称はともかくとして、見たことがあるのでは

ないでしょうか??

最近では外国のオーディション番組などで披露

されて、マジックショーとはまた違う独特な

雰囲気が人気ですね♪

スポンサードリンク

『和妻』はどんな歴史があるのか??

再度、Wikipediaで調べてみると…

本最古の奇術書は1715年に刊行された『神仙戯術』である。

これには、ひょうたんがひとりでに動く術、つくりものの

魚に水中を泳がせる術などが紹介されている。

他には1725年の『珍術さんげ袋』1727年の『続懺悔袋』

1729年の『和国たはふれ草』などがある。

これらは身近なものを使った奇術を紹介している。

大規模な術を紹介しているものとしては1733年の『唐土秘事海』

(もろこしひじのうみ)や1784年の『仙術日待種』(せんじゅつ

ひまちぐさ)などが挙げられる。

江戸中期になると、手練技を解説した専門書もかかれるようになる。

1764年の『放下筌』1779年の『天狗通』などである

つまり、江戸時代前期~中期には口伝

だったものが、一般人にも出来るように書籍と

して出されました。

ということは、それ以前にかなりの時間をかけて

完成されていたのではないでしょうか?

もしかしたら、戦国時代などには戦争のハッタリ

として用いられていたかもしれませんね!

また中国などでもお面の早替えなどがあるので、

そういった部分でいくと、色々な文化からも

流入してきた技術でしょう♪

因みに世界最古の奇術の記録としてはエジプトの

壁画で、紀元前2400年代らしいです!!

そして日本に本格的に『和妻』の原型としての

奇術が入って来たの、仏教伝来の時なので、

奈良時代の700年代みたいです!

ということは日本のマジックの歴史は約1300年

となりますね♪

スポンサードリンク

まとめ

日本古来の『和妻』元々口伝で伝えれた

ものですが、江戸中期には書物として一般

芸能に押し上げられたものでした!

そしてその歴史は700年代にまで遡り、

世界各地でも近い物がありながら、日本でも

独自で進化した奇術でした!

是非番組で、どんな演目に挑戦するのか

見ものですね!

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする