木彫家・貝澤徹さんの経歴や作品の凄さとは??祖先も凄い木彫家?!アイヌ伝統的技法とは??【情熱大陸】




5月31日放送のTBS系【情熱大陸】に、

木彫家の貝澤徹さんが登場します!

世界から注目されて、作品は大英博物館に

飾られる凄い方ですが、実は先祖にも

凄い方がおられるようなので、気になり

調べみました!

スポンサードリンク

貝澤徹さんのプロフィールと略歴

名前  : 貝澤 徹(かいざわ とおる)

生年  : 1958年(2020年現在62歳)

出身地 : 北海道二風谷

略歴  : 工芸家の父(勉)やその仲間の職人に囲まれて育つ。

曾祖父から引き継ぐ伝統を重視しながら、そこに独自の感性と

技術をとけ込ませ、自分らしさやメッセージを表現する、独創的な

アイヌアートに精力的に取り組んでいる。

ふと気づいたことを題材に作品を創作。

代表作「UKOUKU(ウコウク)/輪唱」は、昔のアイヌ民族の

入れ墨をした女性の手の写真から発想し、世代交代しながら文化が

受け継がれるというメッセージをこめて創り上げた。

北海道アイヌ伝統工芸展北海道知事賞ほか受賞多数。

「北の工房 つとむ」店主。

番組内容欄にもあったように、伝統と革新のハイブリッドな

表現者と言われる貝澤さんは、その作品がアイヌ文化を

取り上げた漫画『ゴールデンカムイ』にその作品が

載ったり、大英博物館で常設コーナーで取り扱われたり、

世界に轟く実力の持ち主です♪

結構有名な漫画なので目にされた方は多いはずですね♪

北海道へ行った際には、工房に立ち寄って、実際に

その作品に触れてみたいものですね♪

スポンサードリンク

貝澤徹さんの凄い作品とは??

その作品が大英博物館で常設コーナーに展示されて

いるというから、凄い実力なんでしょうが、実際に

その作品を見てみましょう♪

凄い精巧で緻密な模様ですね♪

実際に動画でどんな方かが紹介されています♪

面白くて、明るい方ですね♪

是非工房にお会いしに行きたいですね☆

その作品の凄さも体感してみたいです♪

スポンサードリンク

貝澤徹さんの祖先も凄い人!?

実は貝澤さんは、彫りをされているご家族で、幼い頃から

父親の工房で職人囲まれて育ったので、木を彫ることが

当たり前の生活をされて発展してきたのでしょうね♪

そして実は、木彫家の家系の中で、曾祖父に貝澤ウトレントクさん

と言う方がいるのですが、明治時代に名工といわれた

二人のうちの一人だそうです!

凄いですね♪

それを受け継ぐ貝澤さんの技術が凄くないわけないですね(笑)

スポンサードリンク

アイヌの伝統的技法とは??

ここまで話して、そもそもアイヌの伝統的技法とは

何なのでしょうか、気になりますね♪

北海道の木彫りと言ったら熊の木彫りですが、

実はあれは伝統的な彫刻ではなく、他国の土産品を

参考にして作られるようになったものみたいです!

伝統的な彫刻とは木彫品のことで、お盆や煙草入れ、

マキリ(小刀)の鞘(さや)などに、「精妙」な

彫刻を施した品のことみたいです☆

昔は三角刀もなく1本の小刀で彫っていたとみたいですが、

とてもきれいな線で、刃物の切れ味も今のものより悪かった

はずなのにその仕上がりを作り出していたという、

素晴らしい技術だったのです♪

スポンサードリンク

まとめ

アイヌの伝統的技法を受け継ぐ貝澤徹さんは、

60歳を超えてなお、精力的に活動される

木彫家です♪

その葛藤の中で生み出される作品の数々を

番組で是非確認したいですね♪

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする