尾崎豊が初ライブを敢行したライブハウス・新宿ルイードはどこにある??コロナショックで経営がピンチ!?【出没!アド街ック天国】




6月13日放送の【出没!アド街ック天国】の

番組予告に気になるワードがありました!

尾崎豊が初ライブを敢行したライブハウス

尾崎豊さんといえば誰もが知る日本のスター

ミュージシャンですが、そんな彼が初ライブを

行ったライブハウスが新宿にあるとは

知りませんでした♪

そんなライブハウスや、今コロナショックで

ライブハウスが閉店になっている中で、その

ライブハウスが今、どうなっているのか、

調べてみました!

スポンサードリンク

尾崎豊さんのプロフィールと略歴

名前  : 尾崎 豊(おざき ゆたか)

生没年 : 1965年11月29日- 1992年4月25日(享年26歳)

出身地 : 東京都

身長  : 178cm(公式発表による)

血液型 : B型

学歴  : 青山学院高等部中退

職業  : シンガーソングライター

略歴  : 1965年(昭和40年)11月29日、東京都世田谷区の

自衛隊中央病院にて、陸上自衛官の尾崎健一と妻の絹枝の次男として

生まれる。兄弟は5歳年上の兄尾崎康がいる。

兄が購入して使用されていなかったクラシック・ギターをきっかけに

音楽を始め、あらゆるフォークソング、シンガーソングライターの曲に

興味を持っていた尾崎は、特に井上陽水が描き出す詞の世界観に

強く惹かれていた。小学校6年生になると半年に渡り登校拒否を続けており、その間、井上陽水やさだまさし、イルカの曲をギターを弾きながら歌う日々が続いていた[13]

高校2年生の秋、音楽で生計を立てていくことを決意した尾崎は

CBSソニーが主催した『CBS SONY Sound Development Audition 1982』、

ビクター主催のオーディションにそれぞれ応募し、CBSソニーの

オーディションに合格する。

デビューアルバム『十七歳の地図』は、事務所やレコード会社も

積極的なプロモーションも行わなかったためにセールスは伸び悩む。

その後口コミにより人気が出て、3rdシングル「卒業」の中の過激な

歌詞が話題となり、2ndアルバム『回帰線』は大手音楽チャート1位を

記録、尾崎の名は瞬く間に全国へと広がっていった。

一世を風靡した尾崎は、20歳になり方向性を見失い突然

無期限活動休止を宣言し単身渡米する。

当時曲を生み出せないことに苦悩していた尾崎は、何の収穫もないまま

その年の末に帰国する。

20代になってからの尾崎は、かつての「自由」「反支配」

といったものとは違い、「真実の愛」「贖罪」「罪」といったものを

主題にした歌を多く作っていった。

1992年(平成4年)4月25日(土)早朝、当時の尾崎の自宅である

マンションから約500m離れた、足立区千住河原町の民家の軒先に

全裸で傷だらけで倒れていたところを住人に発見された。一度は

一命をとりとめたかと思ったがその後急変し死亡。

後日、雨の降る中4月30日(木)東京都文京区の護国寺にて葬儀・

追悼式が行われ、参列者は4万人近くに上り、規模は美空ひばり、

吉田茂に匹敵するものとなった。

引用:Wikipedia

この曲を知らない人は少ないと思いますね♪

若さの衝動を歌った歌詞が、10代の多感な

時期にとても共感をしました☆

スポンサードリンク

尾崎豊が初ライブをした新宿ルイ―ドはどこにある??

現在、新宿ルイードは『新宿RUIDO K4』という

名前で営業しております♪

そんな『新宿RUIDO K4』の場所がこちら♪

そしてHPもあります♪

私もバンドマン時代にお世話になったこちらの

ライブハウスですが、Wikipediaによると…

1972年、小澤音楽事務所の社長(当時)・小澤惇が、

事務所に所属するアーティストに歌う場所を提供する目的で、

新宿三丁目に「新宿ルイード」として開業した。

1987年1月20日まで営業を続けたものの、1989年12月に原宿に移り

原宿RUIDO となった(2007年3月11日まで営業)。

2005年12月17日、新宿歌舞伎町にて、現在の名称で改めて営業を開始

ロック・ポップス系を中心にインディーズ、メジャーを問わず

様々なバンドが出演している。

とされており、場所を移動したりしているのですね♪

そして、尾崎豊さんのデビューライブを始め、

数々の伝説的バンドとなった方も多数

出演されていたそうです♪

スポンサードリンク

新宿ルイードはコロナショックで閉店寸前!?

現在、コロナウィルスの脅威が薄れてきており

ますが、三密を避けるという誤報を出した都政下で

各ライブハウスが苦境に立たされております。

ライブハウスは、その音量からどうしても換気が

ネックになります。

そのためどうしても、空気が滞ってしまいがちです。

つまり、感染症に対しては弱いのは事実では

ありますが、それは今回のコロナの様に、

空気感染でない場合は、そこまで影響はないでしょう。

そのため、消毒対策などで対応すれば問題ないのですが、

風評被害というか、行政機関の誤った判断により、

ライブハウスが敬遠され、そのためライブハウスは

軒並み閉店へと追いやられているのです…

https://twitter.com/uplink_joji/status/1089864417183854593?s=20

そして新宿ルイ―ド(新宿RUIDO K4)もその

例外ではなく、経営難になっているのは事実

みたいですが、だからこそ新しい形で

ライブハウスの可能性を見出して、由緒ある

ライブハウスが残っていって欲しいものですね☆

スポンサードリンク

まとめ

尾崎豊さんがデビューの際に初ライブを行った

伝説のライブハウス『新宿ルイード』(改め、

『新宿RUIDO K4』)。

数々の有名アーティストを輩出した伝説の

ライブハウスが、コロナショックでその経営が

窮地に追いやられています。

ライブハウス側が対応をすれば、感染は問題ない

ので、今後は継続して欲しいものです☆

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする