壮絶な人生の犬に育てられたミュージシャンは誰??年齢は??現在は??【アウト×デラックス】




6月25日放送の【アウト×デラックス】の

番組予告欄に気になる言葉ありました!

アウトの新星を発掘!犬に育てられたミュージシャン!

犬にそ育てられたミュージシャン!?え!?

誰??(笑)と気になり、調べてみました!

スポンサードリンク

犬に育てられたミュージシャンは誰??

犬に育てられたというのは野犬だと

思いますが、野生動物に育てられた人間

というので思い浮かべるのがこの映画♪

『ジャングルブック』です☆

しかし調べてみると、どうやら日本の方

ではなく、旧ソビエト連邦西部(現在の

ウクライナ)に住むこの方のみたいです!

名前は、『オクサナ・マラヤ』さんという

女性の方です♪

次は彼女の壮絶な半生と現在などを

ご紹介いたします♪

スポンサードリンク

壮絶なその人生とは??年齢は??

名前  : オクサナ・マラヤОксана Малая)

別名  : Dog Girl(犬少女)

生年月日: 1983年11月(2020年6月現在36歳)

略歴  : 1983年11月、旧ソビエト連邦西部

(現在のウクライナ)に生まれる。

彼女の両親はアルコール使用障害で彼女の面倒を見ることをせず、

それが原因でオクサナは3歳の時に家の裏にある犬小屋に住み始める。

以来彼女は犬の群れの中で生きるようになり、犬のように吠え、

うずくまり、食べ物を目にしたら食べる前にその臭いをかぐようになった。

彼女が8歳の時に付近の住人により発見されたが、4本足で走る行動は

犬そのもので、人語はほとんど話すことが出来ず、人間の持つ社会性や

情緒性も欠如していた。彼女は保護された後、精神障害者のための

施設に入れられる。

その後施設で生きていく中で、彼女は人語を理解し、話せるようになり、

犬のような行動の多くも矯正された。

しかしながら強いストレスに晒された際は犬と共に暮らしていた頃を

思い出すらしく、当時と同じような行動を示す。

2006年にオクサナは精神障害者自立のための施設(牧場)に送られ、

そこで牛の世話をして過ごすようになった。

彼女は学習障害こそあれ、野生児にありがちな自閉症を持っている様子は無い。

現在では他の人間と多少なりとも関係を持つことが出来ている。

引用:Wikipedia

調べてみると普通にWikipediaに載って

いましたし、現在36歳とご存命の方でした!

過去に狼に育てられた方がいるという話は

聞いたことがありましたが、飼い犬と一緒に

育てられるとは…予想外でした(笑)

3~8歳を犬として過ごしたため、映像の

様にほぼ行動が犬ですね…

現在は、学習障害以外は特に問題なく過ごせて

いるみたいですね☆

育てられたのが野生の弱い犬だったため、適応

出来たのではないでしょうか。

これが狼に育てれた過去の例では、野生が強い

せいか、とても短命で亡くなっているみたい

です…

スポンサードリンク

現在はミュージシャン??その活動は??

今回の番組で紹介される彼女はミュージシャン

みたいですが、Wikipediaによると精神障害者の

自立のための牧場施設で過ごしている、というのが

最期の情報なので、現在はミュージシャンをして

いるという情報は出て来ませんでした…

10年ほど前の映像みたいですが、

この時には既に人間らしい振る舞いをされて

いますね♪

番組で何か分かれば追記します☆

<追記>

番組で紹介された犬に育てられた

ミュージシャンは、中村一義さんという

日本の方でした(笑)

犬に育てられたというのは、愛犬によって

音楽的成長をしたということでした♪

愛犬との出会いが音楽人生を変えるなんて

とても素敵ですね♪

前述のマラヤさんとは違う意味でした(笑)

スポンサードリンク

まとめ

犬に育てられたミュージシャンとは、

中村一義さんのことで愛犬との出会いが

音楽生活にとても影響を与えられた方

でした♪

それとは別に、実際に両親に育児放棄されて

飼い犬に育てられたウクライナ人女性、

オクサナ・マラヤさんという存在も、私に

とっては忘れられないものとなりました♪

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする