市川猿之助が自慢のお宝の志野焼とはどんな歴史??ルーツは?幻の白茶碗は国宝級!?【開運!なんでも鑑定団】




7月7日放送の【開運!なんでも鑑定団】の

番組予告欄に以下の様な内容がありました!

市川猿之助の日本初<白茶碗>に超ド級鑑定額!

日本初の白い茶碗!?どういうこと??

どうやら今回、市川さんが持ち込むのが、

志野焼という技法の茶碗みたいで、それが

どいうものかを調べてみました!

志野焼の歴史やルーツは!?

そもそも志野焼とはどんな焼き物なのでしょうか?

志野焼(しのやき)は、美濃焼の一種で、美濃(岐阜県)

にて安土桃山時代に焼かれた白釉を使った焼物

赤志野や鼠志野などいくつかの種類があり、同じく

美濃焼の一種である瀬戸黒とともに重要無形文化財に

指定されている技法や、岐阜県の重要無形文化財に

指定されている技法がある。

引用:Wikipedia

実際に人間国宝の豊川豊蔵氏の作品を紹介して

いる動画もありました♪

そもそも志野焼とはどんな焼き物なのでしょうか?

歴史としては、室町時代茶人・志野宗信

美濃の陶工に命じて作らせたのが始まりです♪

岐阜県の可児市から土岐市にかけて産出する、

耐火温度が高く焼き締りが少ない五斗蒔粘土や

もぐさ土という鉄分の少ないやや紫色やピンク色

がかった白土を使った素地に、志野釉(長石釉)と

呼ばれる長石を砕いて精製した白釉を厚めにかけ

焼くそうです♪

これは抹茶碗を作っている方の動画です♪

志野焼の発祥は室町時代ということですが、

美濃焼の一種なので、美濃焼のルーツを探ると

平安時代に作られた須恵器から発展したもので、

この須恵器といのは日本で古墳時代から

平安時代まで生産された陶質土器(炻器)で、

青灰色で硬いそうです♪

須恵器を再現する方もいるみたいです♪

更にこの須恵器の起源はというと、朝鮮半島

(特に南部の伽耶)とされているそうで、

初期の須恵器は朝鮮の物と似ているそうです!

そこから日本で独自に改良されていったのが、

須恵器という美濃焼、志野焼のルーツです♪

スポンサードリンク

志野焼の白茶碗は国宝級!?

今回番組で凄い値が付く志野焼の白茶碗ですが、

凄い値段がついたみたいです!

私は目利きが出来なので価値は分からないの

ですが、どうやら陶磁器で国宝になっている

2作品で、その内の一つが志野焼のもので、

それを見ると確かに少し似ているかも!

こちらが国宝・卯花墻(うのはながき)です♪

16世紀~17世紀に造られた名作で、恐らく

この国宝が作られたことに何か関係があるもので

あるため、凄い値が付いたのではないでしょうか?

今晩の番組を要チェックですね♪

スポンサードリンク

まとめ

志野焼は岐阜県の美濃焼の一種で、その作品の

一つが、国宝陶器2作品の一つという超貴重な

ものです♪

そんな国宝と何か繋がりがある作品なのか、

気になるところですね♪

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする