見た目はセメントのイスラエルのおでん・ゲフェルテフィッシュはどんな料理?レシピや歴史は??【YOUは何しに日本へ?】




7月27日放送の【YOUは何しに日本へ?】の

番組予告欄に気になる内容をキャッチしました!

「見た目はセメント」「イスラエルのおでん」

「甘い」「鯉を使う」…そんな謎だらけの

ゲフェルテフィッシュ

ゲフェルテフィッシュ??どんな料理??と

気になり調べてみました!

スポンサードリンク

ゲフェルテフィッシュはどんな料理??見た目がセメント??

まずはその見た目をチェックしてみましょう!

あれ??セメント??(笑)

他を探してみると…

あぁ、確かにおでんというかつみれっぽいですね!

どんな料理かWikipediaによると…

ゲフィルテ・フィッシュ(英: Gefilte fishГефилте(гефилтэ,

гефильте) фиш, イディッシュ語 געפילטע פיש)というのは、

ユダヤ教徒の伝統的な魚料理のひとつで、

「詰め物をした魚」の意だが、魚肉のミートボールや

つみれのような形に調理されることが多い。

東欧系ユダヤ人には馴染みの深い料理であり、

安息日の魚料理の定番でもある。

とのことです♪

やはりつみれのような形みたいですね♪

英語からの訳し方によるので、若干変化が

ありますが、ゲフィルテ・フィッシュが

正確な名前みたいです☆

(あえて以降もゲフェルテフィッシュと表記)

スポンサードリンク

ゲフェルテフィッシュのレシピは??

ゲフェルテフィッシュがどのような見た目か

分かったところで作り方を見て行きましょう♪

前項の写真の様に若干地域によってレシピや

見た目が変わるみたいで、Wikipediaによると…

魚肉をすり身にし、調味料を加えて練ってから団子状に

成形してタマネギやニンジンと共に茹でる

この時、すり身を完全な魚の元の形の中に詰めることが

あるので、イディッシュ語で”gefilte”(ゲフィルテ –

詰め物をした)という名で呼ばれている。

とっておいた魚の皮ですり身を包むこともある

フレイン(英語:chrain、イディッシュ語:כרײן)という

ホースラディッシュと甘酢のソースやテーブルビートを

添えて供する

なので、ユダヤ教徒の食べ物とはいえ地域に

よっては色々と形も種類があり、味付けも

甘口だったり、塩味が強かったり変わるみたい

です♪

更に、使う魚も鯉やカワカマス、コクチマス

伝統的ではあるみたいですが、最近は、鮭や

マス、タラなど赤身や白身魚も使うそうです☆

スポンサードリンク

ゲフェルテフィッシュの歴史は??

ではこの料理はいつから食べられていたの

でしょうか?

そもそもユダヤ教はキリスト教はイスラム教の

基となる宗教で、紀元前1280年頃に成立

されたと言われおります。

当初はパン、穀物類、豆類がメインで、特別な

日にヤギやヒツジの肉やジビエ、鳥、卵、魚などを

食べていたそうです♪

今でも食べ物に関して戒律があるユダヤ教ですが、

他宗教や文化と交わり、食べるものも変化しており、

ゲフェルテフィッシュをいつから食べていたかは、

ハッキリしませんでした…

ただ、安息日という必ず休まなくてはいけない日に

食べる料理の一つで、それは伝統的なものである

ことは間違いないようです☆

補足ですが、安息日に料理はしてはいけないので、

前日までに調理をしておくそうです♪

スポンサードリンク

まとめ

今回の番組で紹介される、イスラエルのおでん・

ゲフェルテフィッシュはおでんというよりも

つみれといった方が日本人はしっくりくる

感じでした♪

実際に料理を今回の番組でみられるそうなので、

是非チェックしてみてください♪

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

もしためになった情報があれば、是非シェアを

お願いいたします♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする