日本のガウディ・梵寿鋼さんの奇抜な建築のガウディとの共通点は!?【モヤモヤさまぁ~ず2】




3月31日放送の【モヤモヤさまぁ~ず2】は

早稲田周辺を散策する中で奇抜な建築物が紹介されます!

その建築を手がけた建築家・梵寿綱さんを

今回は紹介したいと思います♪

スポンサードリンク

プロフィール

名前  : 梵寿鋼(ぼん・じゅこう Von Jour Caux)

本名:田中 俊郎(たなか としろう)

生年月日: 1934年1月27日(現在85歳)

出身地 : 東京都浅草氏

職業  : 建築家、彫刻家、画家、思想家

経歴

早稲田大学理工学部建築学科卒業後、シカゴ美術館附属美術大学で学ぶ。

1974年6月より梵寿綱を名乗り「梵寿綱と仲間たち」を結成。

以来、近代工業製品化している建築技術、様式に疑問を投げかける。

「日本のガウディ」の異名を持つ。

引用:Wikipedia

スポンサードリンク

梵寿綱さんの建築の特徴とは!?

梵寿綱さんの建築は、何といってもその奇抜な見た目に

あります☆ 今回番組で取り上げられるのは、早稲田駅から

北へ300mほど行ったところにある【ドラード早稲田】です。

外観はこんな感じです☆

見た目は既に一般的なアパートとは違いますね(笑)

内部は更に奇抜です。

こちらの建物は、ガウディを意識したというよりも、元々変形した土地で

そこに合わせて作ったら、変わった形になってとのことです。

また、建築家であり彫刻家や画家、職人でもある梵氏が建築中に

作業をしていたら、別の彫刻家やタイル職人などから興味を持たれ、

職人たちが集まって来て、一緒に作業をしたいということで、仕事を

任せたとのことです(笑)

しかも、梵氏は細かい指示をした訳でなく、各々の個性をぶけさせた

結果、こういった形になったのだということです♪

その部屋は曲線の多い間取りになっています☆

スポンサードリンク

ガウディ建築との比較

梵寿綱さんの建築に必ず出てくるのが、『ガウディ』という言葉です。

ガウディとは、今なお建築を続けるサグラダファミリア大聖堂の設計を

担当した、19世紀末~20世紀前半に活躍したスペインの建築家です。

その建築の造形はイスラム建築に影響を受けながらも、独自の建築を

確立していった稀代の建築家です。

今回、梵寿綱さんと共通点があるとみられるガウディ建築の代表作の

2案件がこちらです♪

カサ・バトリョ

カサ・ミラ

これらの建築の内観もなかなかなインパクトです☆

曲面が多用されているのと、破砕タイルや色使いなど、当時としても

奇抜なデザインは人々の度肝を抜いたことでしょう☆

ガウディ建築は芸術的でありますが、そのテーマとするのは自然造形です。

波や植物の形など、ありとあらゆる形を建築に昇華するのが特徴です。

一方、梵寿綱さんの建築は特に自然を造形に取り入れるというよりも

芸術としての建築の立ち位置を考えているような印象を受けます。

個人的な考えとしてですが、上記のような内容で、ガウディと梵氏の

建築への考えは根本的違いがあるなと思います。

しかし、その中でも梵氏はガウディの影響を受けている部分はいくつか

見られるかなと思います。

左:ガウディ建築、 右:梵寿綱建築

色使いの違いはあれど、造形に類似点が見られるかと思います。

スポンサードリンク

まとめ

日本のガウディと呼ばれる梵寿綱さんは、ガウディと比べられますが、

個人的には似て非なるものです。

自然の造形を建築へ昇華させようとしたガウディに対して、

芸術を建築造形へ組み込もうとした梵寿鋼さん。

その飽くなき芸術への探求は、80歳を超えた今もなお健在です♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする