命の小説家・柳美里さんの本屋『フルハウス』とは?夫と息子の今は?【SWITCHインタビュー 達人達(たち)】




5月11日放送の【SWITCHインタビュー 達人達(たち)】に

劇作家で小説家の柳美里さんが出演されます!

福島県相馬市を拠点に活動されている柳美里さんを

今回はご紹介します♪

スポンサードリンク

プロフィール

名前  : 柳美里(ゆう みり、유미리

生年月日: 1968年6月22日(現在50歳)

出身地 : 茨城県土浦市

国籍  : 韓国

職業  : 小説家、劇作家、ノンフィクション作家

活動期間: 1994年~

引用:Wikipedia

スポンサードリンク

略歴

祖父は韓国密陽市で靴屋を営み、健脚で幻の東京五輪のマラソン選手候補であった。柳美里は本名で、祖父が名前で苦労しないようにと命名した「美里(みり)」の読み方も韓国・日本で同一。茨城県土浦市にて生まれる(中略)

1歳を迎える前に横浜市に転居、以後横浜市で育つ。

横浜共立学園高等学校中退、演劇活動を経て1994年に小説家デビュー。1997年芥川賞受賞。作品には私小説が多く、無頼派の系譜を継ぐ作家と評されることがある。

現在は福島県南相馬市在住。 家族は長男と内縁の夫。父親は元・釘師。母親は不動産会社を経営。

引用:Wikipedia

スポンサードリンク

その波乱万丈な人生…

柳美里さんは在任韓国人ということもあり、いじめや

社会的な圧力もあったようですし、様々なトラブルも

ありました。

例えば、代表作の『家族シネマ』(1997年)が初めて

在日韓国人として芥川賞を受賞し、韓国でも取り上げられ

日本でイベントを行おうとした際に、脅迫があり中止に

なったり、不倫相手との子供を産み、その際の同居人が

癌で亡くなったり、収入が1億円から公共料金が払えない

貧乏になったり…

とにかく波乱万丈(笑)

その中で産み落とされる言葉の結晶は、『生と死』『家族』を

テーマするからこそ、重く、そして訴えかけるものがあり、

それらをまとめる力があるからこそ、文章を武器にして

きたのでしょう☆

そんな柳美里さんの代表作の『命』は映画化されて話題に

なりましたね♪

スポンサードリンク

現在の夫と息子さんの状況は?

現在、東日本大震災以来足繁く通った東北で、

2015年から移住をして生活をされています☆

元々、鎌倉で居を構えておりましたが、復興活動を

より活発化させるために福島県南相馬市へ移住して

います!凄いことですね☆

尚、長男の父親となる不倫相手とは、出産後に絶縁

しており、育ての親となると決めた方は他界しており、

現在は内縁の夫と暮らしているそうです☆

そして、息子さんは現在19歳で、昨年から北海道の

大学に進学し、離れ離れに生活しているそうです☆

スポンサードリンク

2018年から本屋を開店!

被災地の復興で自分が何が出来るかと考えて生活

されて、南相馬市に移住している柳美里さんですが、

作家活動や地域の高等学校の校歌の作詞をしたりと

様々な取り組みを行ってきました。

(作曲は長渕剛氏)

そして2018年には『フルハウス』という書店を

開店し、地域の人々の憩いの場を提供しようと取り

組みをされています♪

日本を想い、復興を願う姿勢は凄いことですね!

スポンサードリンク

まとめ

在日韓国人作家として活動されている柳美里さん。

日本人以上に日本を想い、復興に携わり、そして

家族や生死について書き続けるその意志は、今後も

素晴らしい作品となることでしょう☆

今後の活動から目が離せませんね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする