スーツの規定違反で高梨沙羅選手が失格してV58逃す!ルールが曖昧である理由は??




オーストリアのヒンツェンバッハで行われた

スキージャンプの大会で高梨沙羅選手が

1回目のジャンプで一位につけるも失格!!

その理由はスーツの規定違反ということで、

予選で伊藤有希選手もなったこの違反について

調査してみました!

スポンサードリンク

高橋沙羅選手のプロフィール

名前  : 髙梨 沙羅(たかなし さら)

生年月日: 1996年10月8日(2021年2月現在24歳)

出身地 : 北海道上川郡上川町

身長  : 152cm

職業  : スキージャンプ選手

略歴  : 冬季オリンピック2大会(ソチ、平昌)日本代表。

2013年世界選手権混合団体金メダリスト、個人銀メダリスト。

2018年平昌オリンピック銅メダリスト。

スキージャンプ・ワールドカップで男女通じて歴代最多の56勝、

女子歴代最多の表彰台100度、女子歴代最多のシーズン

個人総合優勝4回。2017年にはスキー界で最も権威ある賞の

一つであるホルメンコーレン・メダルを受賞

引用:Wikipedia

言わずと知れた日本が誇る、スキージャンプの

女王ですね♪

まだ24歳という若さなので、これからの

メダルや優勝が期待される中で、すでに

前人未到のV58に王手の状況ですので、

今回の失格で歴史的瞬間はお預けですね…

スポンサードリンク

スーツの規定違反とは何か!?

スポーツである以上ルールが規定されて

いますが、今回高梨選手や伊藤選手が

スーツの規定違反について見ていきましょう!

ジャンプスーツと呼ばれる、サーフィンの

ウェットスーツのようなものを着用します。

現在(2015年7月現在)の規定では、厚さは

4~6mm以内、通気性は40ℓ/m²/秒以上

決まっています。夏、冬ともにスーツの違いは

ありません。

引用:ジャンプ雪印メグミルクHP

とあります。どうやら風の抵抗などに

よって飛距離が変わってくるということ

なので、スーツによって差が出ないように

厳格に規定されいます

しかしここで疑問は、飛ぶ前にスーツ

チェックがあるのに何故飛んだ後に

失格になるのか?ということです…

次項で追っていきたいともいます♪

スポンサードリンク

スーツの規定違反の問題点

スーツの規定違反は事前にチェックされて

いるにも関わらず、なぜ飛んだ後に失格に

なるのか?

それは二つ理由があると思います。

一つは事前のチェックが厳密に行われて

いない可能性があります。

どこまで触ったり判定しているのかは不明

ですが、飛んだ後のビデオ判定などで

思ったよりも伸び縮みがあるから失格という

のは、そもそもチェックに問題がある

思います。

もう一つの理由は、差別です。

勝ちすぎる国があると割と起こるこの

問題は、スーツ規定が結構頻繁に変えられていて

曖昧にすることで、こういった規定半で失格に

して、他の選手を勝たせるという意図があると

考えられます。

こういうことが起こらないように厳格化する

ならば、スーツは全員同じメーカーの同じ

素材を使ったり事前のチェックを厳密に

行う(公開する)ど、明確なルール化が

されて、公平な上でのジャッジがされる

ことを今後期待したいですね♪

スポンサードリンク

まとめ

今回の高梨選手と伊藤選手のスーツ規定違反

ということで浮き彫りになった、スキー

ジャンプのルールの問題点ですが、今後改善

されて、選手たちが公平なルールの中で

切磋琢磨していってもらいたいですね♪

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

スケートボーダー・四十住さくらさんの記事

↓↓

【櫻井・有吉THE夜会】に登場のスケートボーダー・四十住さくらさんは珍しい苗字?彼氏は同じ選手のあの人?などを調査しました!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする